2年ぶりにバッチーズのみんなと出会い、一緒に滑ってそして仲間の結婚を祝福しました。

懐かしいアゲアゲな仲間たち。
でもね、ボードから離れてしまい、みんなとの隔たりを強く感じちゃいました。

毎年板やウェアを買い替える金銭感覚、毎週のように滑る体力、学生ノリ・・・もうついていけない。
だってボードは好きな人と一緒に行き、みんなに会えるから毎週滑ってたんだもの。

バッチーズはそもそもみんなワンマンで、つるまずイベントのときだけ闇練を披露する。
他のボードチームとは違い、一緒に練習などで相手を縛らず上下関係もなし、好き勝手にやれるのがいいとこでした。

大事な時は必ず集まるワイワイ楽しい仲間。
私はみんなのように純粋にスノボ最高!!俺様かっこいいー!!って気持ちはなく、みんなの生き生きとした写真撮るほうが実はすごく楽しかった。

ボードに行かなくなって話題についていけない、そしてなんだかスルー
ほんとはね、ボード引退宣言をしたかったんじゃないです。
彼と別れてゲレンデまで行く相手がいないから、行かなくなってしまいました。

今年はなべっちボードしないのー?なんて言わないで。
一人で日帰りバス乗ってまで滑りにいくのはちょっと辛かったんです。
懐かしい思いが蘇って悲しい・・・

ボード好きな仲間は、私のようにゲレンデまで連れてってもらうという概念はありません。
男も女も一人でゲレンデに行き、足のない子は日帰り一人バス、金が貯まればマイカーを買い、気の向くままゲレンデへGO!

私が甘えてるだけ。

仲間とはしゃいだ分だけ、帰宅後一人ぼっちが切ない。゚(゚´Д`゚)゚。
そして大事な人に今の気持ちを打ち明け、今日はようやく整理がつきました。
みんな私の分までボード楽しんでね。