「一目百万本」ツツジ紅色絨毯 葛城山

5月の大型連休も終わり、葛城山のツツジが見頃を迎えました。
この時期の葛城山はツツジで山が真っ赤に染まると昔から聞いてたんですが、それと合わせて渋滞話も聞かされていて、生まれも育ちも奈良なのに一度も葛城山のツツジを見に行ったことがなかったんです。

電車なら自動車渋滞をくらうことなくスムーズに行けるだろうと思い近鉄線で行くと、バスの存在を忘れてました。
葛城山の最寄り近鉄御所駅ではバスの順番を待つのに凄い人だかりができてます。
でも臨時バスがバンバン出てたので、すぐ乗ることができました。

バスの混雑も凄かったけど、ケーブル乗り場に着くとさらに大混雑。
今まであんな沢山の人をここで見たことがありません。
スピーカーでケーブルの乗車指示アナウンスが流れ、2時間待ちと聞こえてきます。
あらら、ケーブルは大変ですね〜

そんなケーブル待ちをしている人達を横目で見ながら山道へ向かいました。
もちろん登山道も渋滞、段差がきついところもあるから、登山慣れなれしてないと大変かも。

登山道が混んでいたため前回登ったときよりも30分以上かかったけど、無事山頂到着。
2時間待ちのケーブルだとまだ乗車すらできてない思うと自力で登った甲斐あります。

目玉のツツジは置いといて、まずでランチ。
葛城山といえば鴨肉でしょ、前回食べた鴨丼が食べたい。
あの肉の旨さ、やわらかさ、卵のまろやかさに海苔がのかってて…ジュルル。

ところが山小屋では鴨丼はないじゃないですか。
悲しすぎる!しかたなく鴨うどんで我慢。
なんだか肉がパサパサチャーシューのようです(´;ω;`)

満たされたところで葛城山山頂をのんびり散策。
ツツジ満開\(^o^)/
ちょっとの花の先が茶色みがかってたけど、それでも圧倒されるほど見渡すかぎり紅花の絨毯が広がってました。
日陰に咲いてる場所はまだまだ鮮やかにさいてます。

ツツジ

ツツジも凄いが見物客の人数もすごい。
遠くからも沢山の声がこだまします。

「一目百万本」ツツジ紅色絨毯 葛城山

歩いてるとツツジの中に桜を見つけました。
5月も半ばなのに山は涼しいですね。

桜とツツジ

ビニールシートをひいてゴロン。
ちょっと眠たくなるけれど、このまま寝ると体が冷えるので程々で下山しました。

ケーブルもいいけど、汗かいて山登ってみませんか?
ご飯も美味しく感じるし、ツツジの感動がさらにUPするからオススメ(^^)

天王寺駅から電車でアクセス

大阪阿部野橋駅→(準急橿原神宮前行 40分)→尺土駅→(各停近鉄御所行 8分)→近鉄御所駅 (620円)
近鉄御所駅→葛城ロープウェイ前行きバス約15分「葛城ロープウェイ前」下車 (290円)



登山用品、アウトドア用品専門店といえば日本最大級の好日山荘。登山、クライミングスキルのあるスタッフがおすすめするラインナップで、国内外のブランドから高品質の商品をセレクトしています。
ネットで靴を買うのはちょっと…とためらう人にも安心、サイズ交換無料だし7560円以上の購入で送料無料です。