焼岳 上高地

夏旅行に上高地へ行くことが決まり、浮上してきた焼岳登山。片道3時間ぐらいの登山だけど歩ける?なんか急なハシゴはあるようだけど。そこで夫と焼岳登山HPをチェックです。

記事の見出しは「日帰りで初心者にもおすすめ」といったことが書いてあり、それならなんとか歩ける?と思い挑むことにしました。でもこの時の自分に言ってやげたい。

近所の山と違い6時間以上歩くのはダルい、道は思った以上に険しいぞ。

そして8月30日、焼岳へ登ってきました。

河童橋から川沿いを歩くこと30分焼岳上高地側登山口です。看板を見ると想定外の案内が。この山は「登山計画書」提出しないといけないの?

焼岳上高地側登山口

一応富士山登ったときのGORE-TEXシューズと、屋久島登山のときに買った雨具は装備してきたけど、なんか不安がよぎる。

WEBからでも登山計画書を出来るということで、いったん入山前にスマホ申請…

ところがスマホがみつからない(´;ω;`)

ギリギリまで充電してて宿に置き忘れてきてしまいました。コンパスも時計もないし、これじゃ万が一遭難でもしたらヤバイ。夫だけが頼り…

登山計画書申請フォームもうまくいかず15分もかかり9時45分、上高地側登山口から登山スタートです。

しばらく緩い山道が続き、おしゃべりしながら楽々ウォーキング。

焼岳 山道

道もよく整備されています。

焼岳 整備された道

1時間後、崖にロープが張ってるハシゴが出てきました。
これ落ちたらヤバイやつだ。ヒヤヒヤ。

焼岳登山道 ハシゴ

一難去ってまたハシゴが登場。これから何度かこのサイズのハシゴに出できます。簡単そうに登ってるけど、普段運動してないと40歳過ぎた体はすぐ息が上がる…

焼岳登山道 ハシゴに登る

そしてWEBで見てた巨大ハシゴが出現しました。大きなハシゴ2本が連結され、写真で見てたときより傾斜きつい。ひとりずつしか通れません。降りてくる人を待ってたけど、見てるだけで足がすくみそう。

焼岳登山道 巨大2本分ハシゴ

これ直角じゃないの?とりあえず下を向かぬよう無心になって登らねば。

焼岳登山道 大ハシゴに登る

登り終わるとすぐ、さらにビビる岩盤。ロッククライミングですかコレ?
チェーンにつかまりよじ登るも、途中で足の置き場が見つからなくなり混乱。濡れて滑りやすいし降りるのも怖い。

タスケテー!!

先に登った夫に上から足場を指示してもらい、ガクガクしながら脱出しました。

焼岳登山道 岩盤をよじ登る

ここを抜けると高い木々は見当たりません。低い笹が生い茂る山道になりました。

焼岳登山 生い茂る笹道

上り始めて2時間弱、焼岳小屋到着。

焼岳小屋

11時半とお昼には少し早いけど休憩も兼ねランチタイム。上高地バスターミナルで買ったおむすび弁当を広げ、唐揚げとおむすび1個だけいただきます。

おむすび弁当 登山食

焼岳小屋の温度計は17度を指し涼しい。東京だと30度超えてるんだろなぁとニンマリ(*´艸`*)

焼岳小屋温度計 8月30日17度

使用量100円のボットン便所(汲み取り式便所)ですっきりし、登山再開。

12時前に見晴らしのいい場所へ付き、山頂を仰ぎ見る。まっしろすぎて山の形すらワカラナイ。降りてくる人に話しを聞くと、土砂降りで山頂は何も見えないとのこと。

どうする?この先進む?諦める?

焼岳 見晴らしのいい場所

迷ったけれど登ることに決定
しだいに雨が降ってきました。ポンチョをかぶった夫は、小石が転がる道をひたすらすすみます。

霧の中ポンチョ着て登る焼岳

その後姿を追いかけ必死に登っていたのですが、打ち付ける雨がさらに強くなってくる。霧でまったく先が見えない。登ったことのない山道に恐怖!!

身の危険を感じて下山することにしました。

せっかくここまで来たのに…12時40分、これで焼岳登山断念(´;ω;`)?

続きがあるのですが、今回はここまで。

「夏の上高地」記事一覧