白馬八方ホテル「トロイメライ」ダイニングルーム

白馬八方レストラン&ホテル「トロイメライ」に到着後、18時ディナータイムです。
扉を開けると少し照明を落とした落ち着いたフロアで、まだ時間早くお客さんは少なめ。
そしてTシャツにダボッとボーイフレンドデニムのまま席についたら、正直場違いと感じられるほどドレスコードがあるような雰囲気の空間ですみません…

久しぶりの本格フレンチでドキドキします。

ボトルワイン

白ワイン 白馬八方レストラン「トロイメライ」

まずはワイン選ぼうかな。
料理の鉄人の坂井宏行シェフにも一目置く存在の支配人の西野さんがセレクトしたお酒は、料理に合う選りすぐりの最高フランスワインらしくボトル5,0000円以上とけっして可愛くない金額でしたが、せっかく美味しい料理にいただくのだから良いワイン頂きたいですよね。
赤ワインが苦手だから白ワインのボトルをオーダーし乾杯。
フルーティーな香りが広がってきます(*´ω`*)

ディナーメニュー

ディナーメニューリスト 白馬八方レストラン「トロイメライ」

ディナーはコース料理のみで、オードヴル4皿、メインは2種類の魚料理と3種類の肉料理から1種類ずつ選びます。
ワインを楽しんでいると支配人が座席ごとに挨拶しに来てくれました。
そしてホテル誕生時のことなどおしゃべりし、少しこのホテルに親しみが持てました。

鴨の自家製生ハム

鴨の自家製生ハム 白馬八方レストラン「トロイメライ」

まずは鴨の生ハムから。お皿にチョンと乗っかったお肉はテンション高すぎてあまり味を覚えてません(´;ω;`)

ニンジンのムースとコンソメのジュレ キャビアのせ

ニンジンのムースとコンソメのジュレ キャビアのせ 白馬八方レストラン「トロイメライ」

次に運ばれて来たのは人参のムース。
とろりと舌触りなめらかなムースは、キャビアでニンジンの甘みがより引き立つように感じました。

玉ねぎのフラン

玉ねぎのフラン 白馬八方レストラン「トロイメライ」

さらにクリーミーなものが登場。
茶碗蒸しっぽい温かなオードブルで、黒トリュフ香りが…ヤバいわからない…

マグロのマリネとブッファラ サラダ仕立て

マグロのマリネ 白馬八方レストラン「トロイメライ」

そしてマグロのマリネ。
初めてマグロにチーズクリームをつけて食べたんですが、ちょっとびっくりしたもののなぜか合います♪

オマール海老のポワレ

オマール海老のポワレ 白馬八方レストラン「トロイメライ」

香ばしい香りと共にオマール海老のポワレが運ばれてきました。
ぷりっぷりの身と濃厚なミソに感激、白ワインがすすみます。

信州和牛のほほ肉の煮込み

信州和牛ほほ肉の煮込み 白馬八方レストラン「トロイメライ」

さらに信州和牛のほほ肉の煮込みは、すっとナイフが入るほど柔らかさ。
お腹もかなり膨れてきてるのに、ソース残ってるのももったいなくてパンで拭ってたべちゃいました。

メロンのグラニテ

メロンのグラニテ 白馬八方レストラン「トロイメライ」

メイン料理でもうお腹もいっぱいと思ってたのに、冷たいデザートはなぜか入るんですよね。

バナナのムースと新ショウガのアイスクリーム添え

バナナのムースとアイス 白馬八方レストラン「トロイメライ」

バナナのムースはもうトドメかも。
なのに新ショウガのアイスクリームはピリッとさっぱり食べ終えてました。

エスプレッソと生チョコ

エスプレッソとチョコ

最後にエスプレッソでごちそうさま。

まとめ

気づけば2時間軽く経っていて、お腹いっぱい素敵なおもてなし、ありがとうございました。
さらに2時間後、温泉入るのにロビーへ向かったらオーナーからワイン会のお誘いがあったのですがお腹いっぱい過ぎてお断りしたのが無念です…