白馬 そば屋「林檎舎」

白馬八方尾根トレッキングをする前に立ち寄ったそば工房 林檎舎(りんごや)
お盆にもかかわらず12時前だったこともあり、並ぶこと無く入ることが出来ました。

内観

店内はテーブル22席と32席のお座敷で広々とした感じです。
BGMは流れてません。虫の音聞いて夏を存分に感じてました。

白馬 そば屋「林檎舎」テーブル席

白馬 そば屋「林檎舎」座敷

メニュー

白馬 そば屋「林檎舎」メニュー

メニューはざるそば3種類のそばつゆのみ。
そばつゆ1種類なのか3種類セットにするのか、あとは麺のボリュームを決めるだけです。
3種類とも味わってみたかったので、いっぺんに楽しめる「そば三昧」を注文しました。

待ってる間にお漬物が登場。

冷たいお茶とそば茶は通路にウォータージャグがあるので自分で入れます。
ビールやジュースも頼めますよ。

しばらくすると注文したそばが運ばれてきました。

そば三昧

そば三昧 白馬 そば屋「林檎舎」

真っ白な「おしぼり汁」に定番の「醤油つゆ」、「くるみだれ」を前に、薬味の説明を受けます。

それでは蕎麦だけで一口パクリ。
少し太めでしっかりとした歯ごたえ、香りもあってのどごしさわやか♪

お汁はどうでしょ?

おしぼり汁

四角い皿に入った「味噌」+「かつお節」+「ねぎ」を入れて辛味を調整。

薬味を入れず食べたらあまりに辛くてびっくり!!
慌てて味噌を入れマイルドな辛さに調整したものの、少し入れただけじゃ全然抑えられず結局出された味噌全て入れました。
さっぱりとした味わいを堪能、そばの香りもそのまま楽しめピリッとしたアクセントが美味しい。

隣りの席からは、「辛くて美味しくない」って小学生の男の子が嫌がってました。
ちょっと大人の味ですよー

お絞り汁は信州の郷土料理で、海のない長野県では出汁がわりに生まれたとか。
名前の由来は辛味大根を手ぬぐいを使って絞っていたことからきてるけど、いまでもしてるとこあるのかなぁ〜

くるみだれ

くるみだれはわさびで甘みを調整。

そのままだと甘ったるいくるみだれ、わさびをたっぷり入れてバランス良い感じでした。
こちらも郷土料理?細かくきざんだくるみが入ってて、子供が好きそうな味です。
蕎麦の香りは吹っ飛ぶけど、これはこれで美味しく、むしろ蕎麦がなくても美味しくゴクゴク最後は飲んでました。

醤油つゆ

定番の出汁醤油のつゆ、わさびとねぎを添えてどうぞ。
かなり濃い目の醤油つゆですが普通に美味しいです。

まとめ

そば完食後、醤油つゆにそば湯で割ってホッコリ。
いろんな味を楽しめるそば三昧でしたが、私は「くるみだれ」、夫は普通に「醤油つゆ」が良いと意見割れる結果となり、美味しさは人それぞれ(*´ω`*)

たまたま並ぶこと無く食べることができましたが、店を出たら何組か待ってたのでやはり人気なようです。
営業時間は11:00〜14:00(ラストオーダー)、無くなり次第早期閉店ので時間にも気をつけてどうぞ。