九十九島水族館 海きらら 外観

佐世保駅から25分、市営バス1日乗車券で九十九島パールシーリゾートにやってきました。
パールシーリゾートには水族館と遊覧船、シーカヤックにヨットセーリングと色々楽しめるんですが、今回は水族館『海きらら』がメインです。

洞窟体験を彷彿とさせる入口

受付を済ませて中に一歩入ると、あたりは照明を落としていてなんだか洞窟に迷い込んだかのよう。
暗いなか光を沢山取り込んだ水槽は、魚達がより美しく浮かび上がり魅力的です(*´ω`*)

九十九島水族館 海きらら 館内

この水族館では九十九島の外海に生息する生きものが沢山展示され、詳しく解説されてました。

九十九島水族館 海きらら

ふれあい体験 タッチングプール

タッチングプールでは見た目より硬いヒトデを撫でたり、ヤドカリを捕まえたりできます。
自分が小さい頃は海に行って直接触ってたけど、最近の水族館はどこでもこれやってて、手軽に触れ合う体験が出来ていいですよね。

九十九島水族館 海きらら タッチングプール

また魚の漢字クイズも壁に掛けられていて、大人も学べて楽しいです。

淡水の生きもの

もちろん海のいきものだけじゃなく、九十九島湾周辺に生きる淡水の生きものも見ることができました。

九十九島水族館 海きらら 淡水の生きもの

ウミガメ パクパクウォッチング

五島の海水槽にはウミガメや巨大なタマカイがいて、カラフルで小さな魚達がいっぱいいます。
長崎まで来ると熱帯魚が泳いでるって知りビックリ。

九十九島水族館 海きらら アオウミガメ

パクパクウォッチングの時間になり、飼育スタッフさんが説明してくれ、エサにがっつくカメの姿など見ることが出来ました。
カメは海藻やレタスなど植物を食べるもの!って思ってたのに、5匹のうち1匹だけレタスを食べないカメがいます。
カメでも好き嫌いがあるって笑っちゃいました。

九十九島水族館 海きらら アオウミガメ

しかしウミガメほんとデカッ!!
カメは尻尾の太く長いほうがオス、細く短いのがメスだそうです。

九十九島水族館 海きらら アオウミガメ

ずぶ濡れイルカショー

イルカショーの時間になりイルカプールの観覧席に行くと「ずぶ濡れ覚悟でお願いします、濡れたくなかったら展望ロビーなど離れてください」と何度も注意を促してます。
立ち見も危険と言われましたが、一番後ろに立ってたら微かにミストが当たった程度でした。

時間になると、2匹のイルカが華麗にジャンプ。

九十九島水族館 海きらら スプラッシュドルフィン

夏の期間中のみバッシャーンプログラム「スプラッシュドルフィン」が開催されていて、イルカたちが精一杯わざと水しぶきを飛ばすよう訓練受けてました。

九十九島水族館 海きらら スプラッシュドルフィン

前方の人達は一応頭から被るビニールを渡されてるんですが、案外濡れてるみたいです。
でも暑い季節はこれぐらいのもてなしも楽しい!!

九十九島水族館 海きらら スプラッシュドルフィン

幻想的なクラゲたち

元気いっぱいのイベントもいいけれど、ちょっと幻想的なクラゲの展示も素敵。

九十九島水族館 海きらら クラゲシンフォニードーム

キラキラと電気を光らせるキヨヒメクラゲに釘付け。

九十九島水族館 海きらら キヨヒメクラゲ

そして圧倒される九十九島湾大水槽でしばらく魚の群れを見て佇んでました。

九十九島水族館 海きらら 九十九島湾大水槽

この他にも『九十九島水族館 海きらら』には真珠の玉出し体験や、ちびっこ達が楽しめる「こどもひろばあまもば」など色々なブースがあります。
家族連れで楽しめるのはもちろん、カップルや大人だけでも楽しめるスポットでオススメ!

九十九島水族館 海きらら

入場料:
大人(高校生以上)1,440円
小人(4歳〜中学生)720円
3歳以下 無料
営業時間:
3月〜10月 / 9:00〜18:00(最終入館17:30)
11月〜2月 / 9:00〜17:00(最終入館16:30)
http://www.pearlsea.jp/

長崎 関連記事

参考になった (0 / 0)