普段着物の足元 草履

着物には白足袋に草履だけって思っていませんか?
フォーマルではもちろんそれがベストだと思うけど、カジュアルだったら誰にとがめられることなく、好きな足元を装いたいですよね。
洋装で考えたら白ソックスにローファー、ヌーディーカラーのパンストにパンプスだけって感じに限定ってことですよ。
柄物の靴下やスニーカーだったり選択肢があるように、和装の時も楽しみたい。
でもどんなコーディネートがあるの?

着物好きさんはどんな足元でオシャレを楽しんでるかまとめてみました。

春の京都キモノジャック

着物にハマり始めた頃に参加した京都キモノジックでの足元です。

レース足袋

レース足袋に下駄

30度近くになった暑い日のイベントでは、透けるレース足袋を発見。
涼やかでしかも女子力UPしますよね。

レース足袋に下駄

レース足袋でも透けないタイプがあります。
私は透けるのがちょっと苦手なので、こちらの透けないレース足袋をお手本に履くようになりました。

柄足袋

柄足袋に草履

青×黒の縞柄着物に負けない柄足袋が個性的です。
さらに草履は台が紫で鼻緒が赤、柄on柄がすごい!多色で色合せが難しいビビットカラーコーディネートを楽しんでました。

男女のカジュアル草履姿

左の男性は派手な着物に黒柄足袋、クッション性が高そうな草履ですね。
対して右の女性はシックなグレーの着物に白足袋、草履の赤い前坪がアクセント効いててオシャレ。

柄足袋×草履(男)

キモノジャックなだけあって、派手な男性が目立ちます。

柄足袋に下駄&草履(男)

お揃いの柄足袋。
男性は女性ほど着物の柄を楽しめないので、足元にこだわるのかもしれません。

春のお花見

ピンクグラデーション草履+レース足袋

花見にウレタン草履

花見の季節、桜にあわせてピンクのグラデーションかかったウレタン草履を履いてお出かけしました。
可憐な草履が引き立つよう白のレース足袋です。
ウレタン草履は値段が安い分見た目もそれなりですが、花見など汚れやすい場所でも気軽に履いていけるのが嬉しいですよね。

夏の花火大会

レトロ柄下駄+素足ペディキュア(赤)

浴衣に下駄 赤のペディキュア

夏の花火大会には浴衣、素足に下駄が快適です。
鼻緒と合わせてペディキュアも赤を塗ってみました。

秋雨

雨草履+足袋ソックス

足袋ソックスに雨草履

天候の悪い日は替え足袋持参したりするけど、友だちと遊びに行くのなら汚れ目立つ白足袋はじゃなく、足袋ソックスでカジュアルダウンもオススメ。
しかも草履とカバーが一体になってる雨草履なら簡単に脱ぎ履き出来、雨から足を守ってくれます。

二枚歯下駄+爪皮

下駄に爪皮

雨よけに二枚歯下駄と爪皮は古典的でかっこいいですが、履きなれてないと歩くのが大変です。

冷え込む冬

ショートブーツ(黒色)

着物×ショートブーツ(黒)

卒業式だけじゃなく、カジュアルなら着物にブーツも全然OK。
坂本龍馬は卒業式にブーツ履いてたんじゃないですよ、過去の人だってそんなの関係なく履いていたのにフォーマルな場でなければ気にせず温かな履物を履くのもありかと。
ブーツを履く時は着物の丈を短めにするとバランスいいです。

ショートブーツ(茶色)

着物×ショートブーツ(茶色)

茶色のショートブーツだと、よりカジュアルで優しい印象に。
ガーリースタイルとかにぴったりです。

別珍足袋

別珍足袋に草履

冬は綿足袋だと寒いので、温かな別珍足袋を履く人もよく見かけます。
白もいいですが、黒無地だと着物の色や柄に影響与えずコーディネートしやすいですよ。
色んな色があるし、足袋裏地を柄にするといったお洒落も出来ます。

下駄

別珍足袋にスクエアカット下駄

下駄は浴衣とセットで夏なイメージかもしれませんが、通年履けます。

畳表の草履

畳表の草履

雨の日は水分含んで型くずれの元だから、履いてはいけないそうですが、畳表の草履は上級者って感じです。

まとめ

和装用に何足か試してみて、私的にはクッション性が良い草履とブーツが今は好きです。
下駄は裏のすり減りがが早く、消耗品って感じでもったいない。
草履はちょっといい値段のものを誂えて、裏ゴムの貼替えや鼻緒を挿げ替えたりメンテナンスしながら長く履き続けるのが理想です。
フォーマルでなく普段カジュアルに着こなすなら、ルールに縛られずお洒落を楽しみたいですね。