博多献上帯

夏のバーゲンシーズン到来です。茶道の帰り、街はSALEですごく賑わってました。こういう時こそ百貨店の着物屋さん覗いてみる?

20140629_2.jpg

手持ちの単衣は紺や黒が多いので、やっぱり白い帯で爽やかにコーディネートしたい。お店の人にそう言って、商品色々広げてもらいました。白っぽい夏帯を出してもらい、気になったのがシンプルで上品な博多帯。

夏帯

今日締めてるフクロウ帯はワンポイント柄で、柄位置を気にしながら締めるの手間なんです。通し柄は気にしなくていいから魅力的。

盛夏本番、1番欲しいのはざっくりとした編み目が特徴の羅の帯。見た目にも涼しく素敵です。ただお店に置いてたのは濃い茶色で、紺の着物には重そうな印象だったので断念しました。

やっぱり夏の鉄板アイテム、博多献上帯は惹かれます。キュッと鳴り最高の締めごこち、通年使えて使いやすい色合いが棚に並べられ魅力的でした。どれも一生使えそうな帯ばかりだったけど、仕立てて併せて5万は超える代物は簡単に手が出せません。素敵な普段使いの帯は、中古市場に流れてこないんですよね。

今年も憧れて終わり?

「ますいわ屋」さん、目の保養となりました。冷やかしになってしまいすみません。

博多献上帯は結局買わずじまいのままだけど、博多織の草履を誂えてみました。白で爽やかな草履に仕上がってます↓