天王寺ミオの中にあり、気軽に入れて状態の良いアンティーク着物が豊富なオススメのお店『Tokyo135°天王寺ミオ店』

先日この店の白地にドット柄の銘仙に一目惚れをして買っちゃいました。今日はその銘仙着物の時代に合わせ、手刺繍の薔薇ヴィンテージを結び、お店に行ってお披露目。買った後もこうやっておしゃべりに行きたいと思えるフランクな店が好き。

ただ普段着物を買うときは、骨董市やフリマ、大阪日本橋にあるリサイクル着物山積みの店とかに行って安いのばかり見つけてます。この店は好みのアンティーク着物がちょいちょいあるから足を運んでしまうけど、状態良く、すごく可愛いだけにお値段もそれに見合った価格なのが困り物。古着を一回洗浄してから販売する「たんす屋」系列の店だから仕方ないんだけどね。そして気づけば買ってしまってる(笑

そんな罪作りなお店には、さらに素敵な店員さん達がいます。いつも明るくてオシャレな着物の着こなしをしている店員さんたちを見てるとコーディネートの参考になり、またいろいろ着物について教えてくれ憩いの場所。

この日はちょうどMioセットフェアしていて、リサイクル着物と帯、帯揚げ、帯締、半衿、5点セットで10,500円で販売されてました。「たんす屋13周年記念大決算市」として同時に行われてる「着物・帯丸洗い一枚1,365円」も魅力的。私は今回も着物2枚お願いしました。

着物ファンの方、アクセス便利な天王寺ミオ内の「Tokyo135°」へ行ってみよう。着物を売りつけられることは全く、安心して買い物ができる魅力的なお店です。


着物のお稽古にも旅行にもピッタリのお洒落な着物バッグ。側面には猫や水玉、絣などのデザインが施されてるんですが、落ち着きのある色みで和装から洋装までどんなファッションにもぴったりです。