阿蘇山

午前中は草千里ヶ丘の氷体験と、樹氷きらめく烏帽子岳トレッキングをし、午後からはのんびりドライブです。

やっぱ阿蘇に来たのだから、間近で噴火口見なくては!

阿蘇山公園道路

真冬だからか道も空いていて快適に入ってると、目的地まであと少しの距離で有料の阿蘇山公園道路となりました。横に短いロープウェイあるぐらいだから、料金もとられてもしかたないか。

有料道路に入る時、ぜん息などの呼吸器疾患ないか訊ねられ、危険と隣り合わせのとこなんだなぁと実感。
※呼吸器疾患あると、その先は立ち入ることができません。

阿蘇山 火口見学

阿蘇山火口

目の前の噴煙にワクワクドキドキ。駐車場に止めると勇み足で火口へ向かいました。煙が凄くてあんまりよく見えないけど、大地からのエネルギーを強く感じます。

火口の写真を2~3枚撮ったところで、いきなりサイレンが鳴り出しました。
赤ランプが回り、「危険だから避難して下さい!」と辺り一帯に何度も響き渡る…

え?マジ?まだ全然見てない(´;ω;`)

火口見学 封鎖

阿蘇山火口

火口見学場所から少し離れると、道を封鎖されてしまいました。

道路封鎖後も火口へ登ってくる車やケーブルが後を絶ちません。それを思えば間一髪、近くで見れただけラッキーだと思わなくては。

避難指示でるなんて珍しいと、どこからか聞こえてきます。

来た道を見ると緊急避難が鳴り響いてる周辺とは異なり穏やかな世界、そしてのんびり引き返す車の列。

阿蘇山までの道

せっかく来たのにその場をすぐ去るのは惜しいから、動画撮ってみました。
左下に小さく回転する赤色灯、そしてもくもくとのぼる噴煙。

阿蘇山はゆっくり見れず残念、次は山が静かなときに訪れたいです。

※2018年2月現在、熊本地震災害の被災で全面通行止で火口見学できません。