チョコ木綿着物コーディネート

今日はお彼岸だから木綿着物に着替え、お墓参りに行ってきました。お墓まで歩くこと30分、すっかり汗だくになったけど、着物じゃなくてもまだまだ残暑の残る9月、Tシャツ姿の夫も汗かいてます。

着物で汗だく大丈夫?
よく言われるけれど、ウソつき襦袢に裏地なしの木綿着物ならヘッチャラです。汚れたって綿素材だから洗濯機へジャボンと洗えばそれでOK。

お気に入りの木綿綿着物は無難な無地チョコレート色。洋服と同じ感覚でコーディネート出来るから、着物初心者にはピッタリです。

チョコ木綿着物コーディネート

まだまだ暑い日が続くので、この日は爽やかな青系を差し色とした着物コーディネートにしてみました。レース風の八寸名古屋帯にブルーの帯揚げ、エメラルドグリーンと白のバイカラー三分紐帯締めに、黒のアンティーク薔薇柄帯留で色を引き締めてるのがポイント。カラフル水玉の半衿は半襦袢に縫い付けたままの手抜きです。

水玉半衿縫い付けた半襦袢

この木綿着物はフリマでたまたま見つけたんですが、Sサイズだから残っていたのか掘り出し物。チビの私にはジャストサイズで500円でした。リサイクル着物って最高o(^▽^)o

着物の内側には、居内商店さんのタグが付いてました。

着物のタグ 居内商店

木綿着物だと絹と違って家で洗えるし、浴衣と同じような扱いができるからオススメ(≧∇≦)/