関西チャリティ100km歩こうよ大会 大阪城〜姫路城

週末「関西チャリティ100km歩こうよ大会」にサポーターとして参加してきました。

そもそもなんで100km歩くの?そう思われるかもしれません。

昨年「100km歩こうよ♪大会 in 摩周・屈斜路」を誘われた時はほんとのところ、誘ってもらったし体動かすの好き、異業種の人たちと飲み会って言う形ではなく知り合えるし良いかな?くらいの軽い気持ちでした。
実際は練習で20km弱しか歩いてない準備不足がたたり、足に沢山マメができ痛くて痛くてそれでも涙を流しながら完歩という状態です。

でもその時、サポーターの人達や一緒に歩いてくれた仲間に支えられ大会趣旨の「感謝・感激・感動」を味わう意味が本当の意味で分かりました。
歩いてる時はもう止めたい!でも支えてもらってる!と思い、もうちょっと歩もうと奮い立たせる。
参加して初めて支えてもらう大きさがわかるんですよね。

今回は関西で開催されるということで、あの感動をまた得たい、あの時支えてもらったことをしてあげたい、と強く思いサポータとして参加しました。

元気を与え、一人でも多くの人にゴールしてもらおう。

関西チャリティ100km歩こうよ スタート地点

参加者は大阪城から姫路城へ約100km、夜通し歩いて目指します。
北海道100kmとは違い普通に街ナカを歩き、コンビニやご飯屋さんに寄ったりできるので変化があって歩きやすいかもしれません。

関西チャリティ100km歩こうよ

サポーターは出発地点で受付をし、参加者のスタートを見送った後はチェックポイントまで車で先に行き、声援、参加者の荷物搬入、マッサージなど色々仕事があります。

関西チャリティ100km歩こうよ マッサージ

大会がスタートし時間が経つにつれ参加者の疲労が溜まっていき、チェックポイント地点ではマッサージの戦場と化していきました。

関西チャリティ100km歩こうよ 炊き出し

出来るだけ多くの人にマッサージをして元気をつけてあげたい、そう思っていたのに自分の手首、指がすぐ痛くなってしまい、テーピングの巻き方もわかりません。
ちゃんと習ってるわけではないんですよね。
知ってる人が来て欲しい…
事前にマッサージの勉強しておけばよかった。

それでも軽くなったと感謝され、気力を振り絞って歩いていく逞しい参加者。
痛がってて辛そうな人達にはまだイケる!!大丈夫と励まし見送ってました。

うつらうつらしながらも夜が開け、私も最後やっぱり歩いてみたいと思いました。
車乗って窓からの声援だけじゃなんだか気が引けてたんですよね。
迷ったものの最後の区間「加古川総合庁舎~GOOL」はサポートとして、途中マッサージをかってでながら歩かせてもらいました。
ゴールの感動を共有させてくれてありがとう。

関西チャリティ100km歩こうよ ゴール

感謝・感激・感動を関西に。

ほんと沢山の感動を頂き「絆」を実感しました。
ありがとう、「関西チャリティ100km歩こうよ大会」

興味を持った人は是非来年参加してみてください。
今までとは違う自分にも出会えます。