桜 哲学の道
京都で一番好きな桜の名所「哲学の道」
銀閣寺から歩いて15分くらいのところから始まるんですが、約1.8㎞の道沿いには約450本の桜が植えられ、花びらがヒラヒラと舞い散る時期はより一層儚く美しいんです。
桜と雪柳もいいですよね。
桜と雪柳 哲学の道
哲学の道では雑貨屋さんやおしゃれなカフェもあって歩き疲れたら一休み。
私のイチオシはわらび餅、やっぱ花見には甘いものがなくちゃ。
哲学の道 わらび餅屋さん
足元をふと見るとクリスマスローズに、ふわりと桜の花びらが積もってました。
桜の花びらがふわり
椿は花の中まで花びらを包んでます。
椿に桜の花びら
天井を見上げる桜も素敵ですが、ひょっこり下の方で咲く花も可愛らしいですよ。
桜
猫が沢山いるスポットも発見、人にも慣れててあちこち猫だまり〜
猫と桜の花びら
端まで歩き南禅寺を越えそのまま蹴上に行くと、世界最長の傾斜鉄道の廃線跡「蹴上インクライン」にでました。
ここも春は桜が咲き誇っていておすすめスポットです。
蹴上インクラインの桜
この町でも猫もお散歩してて、なんか猫多いルートでもありました。
京都なら外せない「銀閣寺から哲学の道を通り南禅寺抜けて蹴上インクライン」、桜が花咲く時期に是非どうぞ。
蹴上の猫