下鴨神社

4月13日、大好きな京都の下鴨神社で挙式しました。雨が降りそうで心配だったものの、傘がいらない程度のポツポツ雨な天気です。当日のお支度から挙式までご紹介。

早朝からお支度

白無垢 お支度

挙式は下鴨神社で11時半から行われます。お支度は朝7時半から準備に入りました。家から京都まで1時間以上かかるので、出発は朝6時と早い!!

お店に着くとすぐヘアとメイクをしてもらいます。ホットカーラーで毛先を巻き、サイドを編み込みしてもらってあっという間にヘアアップ。髪には生花が飾られ、お化粧も合わせて進んでいくのですが、母がそばに座ってずっとその姿を見守ってくれました。

ヘアメイク後、二人がかりで白無垢を着付けてもらいます。打ち掛けを脱ぐことはないのに、帯は綺麗に文庫結びされ、さらに細い抱え帯を腰に巻かれてました。最後に唇紅をつけ完了。

白無垢身支度

男性着付けは早く仕上がるのでいいですね〜

ブライダルカーで下鴨神社まで移動

ブライダルカー

お支度した場所から下鴨神社まではブライダルカーで移動です。

なんで普通のタクシーじゃないの?と正直思ってたんですが、白無垢着てみてわかりました。着物もヘアスタイルもボリューミーで、車の乗り降りが大変。

ブライダルカーはドアが普通に開くのはもちろん天井も開く仕様となっいて、着物がつっかえません。また車の中には手綱のような縄があって、しっかり握ることができたから身動き取りづらい着物でも安心でした。

加茂川の桜を眺めながら、11時過ぎに下鴨神社へ到着。

控えの間で式の説明

下鴨神社 控えの間

下鴨神社につくと、控えの間に通されました。30人は入る場所で、家の事情により夫と私の母と3人だけ。寂しそうに映るのかな?私達…

ここでは式の流れをざっと説明され、始まるのを待ちます。

参進の儀

葵生殿まで参列

巫女の先導により参進。ずらっと親族が連なる姿は憧れるけど、後ろで母一人…
二人だけのほうがよかった?それでも母が晴れ姿を見てくれてるので嬉しい。

葵生殿にて挙式

葵生殿で挙式

儀式は参加者しか入れない「葵生殿(撮影不可)」で行われました。静寂な世界に雅楽の生演奏が響き渡り、厳かな世界に感動。誓詞奏上で夫が読み上げる中、ウルッと感極まってる私。

誓詞奏上

三々九度親子固めの杯で日本酒を頂き、軽く口をつけました。普段ならなんてこと無いのに緊張から酔いが回りそう。

ドキドキして時間が全くわからなかったのですが、挙式は約30分で終わります。

下鴨神社 境内で撮影

張り詰めてた式はあっという間に終わり、境内で写真撮影の時間となりました。参拝客の少ない平日で良かったです。その場に居合わせた多くの方々に祝福の言葉を頂き幸せ。

もう歳もとしなので初々しさはなくしっかりした顔つきになってますが、とりあえず花嫁&花婿さん。白無垢に綿帽子は、楚々とした雰囲気、顔も小さく写りそうな気がして憧れだったんです。

4月半ばに咲く桜

下鴨さんは「糺の森」が素敵であまり桜はないのですが、満開の桜を見つけたので撮影できました。例年ならすでに散ってるのに、今年は冷え込みが続き4月半ばでも花が残っていて珍しかったです。良い記念(*´∀`*)

連理の賢木

下鴨神社 連理の賢木

連理の賢木では紐の両端をお互い持ちパチリ。この紐なんなの?
連理とは、1本の木の枝が他の木の枝と連なって木目が通じ合っていること。
連理の契りは、男女間の永遠に睦まじく変わることのない契りを意味するそうです。

大きな生花ヘッドドレスの理由

ところで生花のヘッドドレス、かなり大きいすよね。目立たせたいから?ってはじめ思ってました。でも違うんです。

実は綿帽子を身につけるため。綿帽子といえば本来文金高島田ヘアにかぶせますが、普通のヘアスタイルだとボリュームが足らず綿帽子がぺちゃんこ。そのために文金高島田ヘア分、生花をふんだんに使って補ってるんです。ちなみにティアラのような針金をつけて、綿帽子の高さを保たせてます。

挙式費用

下鴨神社 挙式初穂料

この挙式は下鴨神社に挙式初穂料として8万円、お控え室用お茶菓子(350円×参列人数)で挙げることができます。2人だけの式だったら10万かからないですね。

ただ着付け、ヘア、衣装、写真など挙式代とは別途業者に依頼する必要があります。

ウェディングプロデュース京泉華 挙式プラン(飛翔)

下鴨神社の挙式には、ウェディングプロデュース京泉華さんに神社予約以外すべてお願いしました。生花の洋髪も基本料金に含まれてるのに、他のブライダル会社と価格が変わらなかったから。

生花ヘッドドレス衣装レンタル着付け、移動のブライダルカーや美容スタイリストなどの挙式サポート、スナップ写真撮影(メイクシーン・挙式・挙式後ロケ撮影100カット以上)、10ページ和婚アルバム(1冊)スナップ画像100カット以上データ(CD-R)の内容で費用は平日税抜288,000円です。(2012年時点)

下鴨神社の公式サイトを始めに見たときは、下鴨さん提携の久保田写真館じゃないとダメかと思ってましたが、他でも頼めることができ少し安く式をあげることができました。


最後に

早朝からお支度し、夢のような時間はあっという間に終わってしまいました。3人だけで寂しい印象になるのでは?と心配した下鴨神社の挙式ですが、そんなこと全然なかったです。ただ、母がひとりじっと見守ってくれてる時間が申し訳なかったな。

世界遺産、下鴨神社での挙式は、なかなか体験できない厳かで感動的な儀式です。今の気持ちを大切にずっと持ち続けていきたい。

挙式後、下鴨さんで鴨の御伽犬をいただきました。くわしくはこちら↓