夜の大阪市中央公会堂

金曜の晩、会社帰りに歩いて「中之島きものいち」に行ってきました。

中之島きものいち

中之島きものいち

中央公会堂で2日間行われる中之島きものいちは、複数の着物屋さんが出店し、アンティークなものから現代ものまで着物や和小物等、魅力的な商品を沢山販売されます。

普段は安いリサイクル着物ばかり見てる私も、ここでは状態の良いアンティークな着物がずらりとならび選ぶのに夢中。店員さんも皆さん素敵なコーディネートをしてるから、そこにも見とれてしまう(*´艸`*)

着物選び

夏の「キモノジャック」で知り合った友達と現地合流し、さっそく商品チェック。商品は良いものだけにお値段が高く、なかなか手が出ない。いつも見てるのと一桁違うんだもの…

友達は1万円しかないって言って悩んでました。私は行く前にサイトで値段をざっくりチェックし覚悟してたんですけどね。今年は洋服を買わない!と決めてお財布多めに入れてきました。

会場をひと回りし、遠慮気味に商品に袖を通し始めてみると、だんだん調子に乗って…

これいい!それはちょっと・・・むっちゃええやん!
と羽織りまくってました。

さらに知らないお客さんにまで突っ込みまくり。
めちゃにあってる!!

わたしたち販売員じゃないんですけどついつい…

楽しい時間はあっという間に過ぎ20時閉店。まだまだ楽しみたかったな。

戦利品1 – アンティークかんざし

アンティーク簪

この日の戦利品はかんざし1,260円。べっ甲っぽい簪に牡丹が描かれ一目惚れでした。

戦利品2 – 銘仙着物

銘仙きもの

それとちょっぴり高かった派手な銘仙着物。手持ちの塩瀬帯と合わせてみました。かなり派手だけど着こなせるか心配になりつつも、1万円超えでの購入です。

この物欲助けてください、頑張って働きます(`・ω・´)ゞ