銘仙着物

着物イベントの下見に、天神橋筋商店街へ行ってきました。

天神橋筋商店街といえば日本で一番長い商店街。1丁目から6丁目まであって、特に関西テレビのある5丁目あたりはロケにもよく使われ賑わっているんですが、3丁目あたりは空き店舗も目立ち少し閑散した雰囲気に包まれています。

その3丁目で、空き店舗を活用したレタルスペースのテナントにリサイクル着物屋がこの日は出店してました。

リサイクル着物屋で宝探し

ちょっとのぞいてみる?掘り出し物あるんじゃない?

ウキウキして店の商品を見ていると、下見のはずがなぜか商品を手にしている私。

探してみたら、一瞬で柄に一目惚れ(*´∀`*)

店主は銘仙は昔人気だったんだよーと話しているけど、そんなことより気になるのが胸元のシミ。

生地は思ったより丈夫そう。以前銘仙に触れた時はもっと柔らかくて薄い?細かい?感じだったんだけどな。

別の店の店員さんに見てもらったら、昭和初期の着物で銘仙でないかもとに言わました。

でもそこはこだわらない、全然可愛いからそれはいいの。この着物が銘仙と店主じゃ言いきらなかったし。

しかしこのしみは許容範囲なのか?
柄可愛いから…ま、いっか。買います。

リサイクル着物のシミ

家帰ってから、トルソーに着せました。胸元だからやっぱり気になるこの染み、購入後も柄吹っ切りれないですが2,600円だったので、シミを受け入れなんとか素敵に着こなしたいです。

シミが気になるので落とそうと奮闘してみましたのでこちらをどうぞ↓