巨大クスノキ 青蓮院門跡

夏の京都は暑い。暑くて観光もうんざりですが、それでものんびり風情を感じながら過ごしたくなるのが京都の魅力です。

昼「青蓮院門跡」

青蓮院門跡 座敷

暑い昼間におすすめなのが青蓮院門跡。入り口には生命力溢れる大きなクスノキがそびえ、中に入るとひんやりとした空気に包まれる。緑に囲まれてるせいか同じ京都なの?って感じられるほど京都中心部より涼しい。都会の喧騒もなくなり、蝉の鳴き声だけが鳴り響き、庭園眺めながら座っていると、時間を忘れるほど穏やかな気持になれます。

青蓮院門跡 庭

華頂殿には頭上に三十六歌仙の額絵があり、下に木村英輝氏奉納の襖絵。青い蓮の花は、生で見るとかなりビビッドな色彩で美しい。

華頂殿 六十面の襖

青蓮院門跡 詳細

拝観時間:9:00~17:00(16:30受付終了)
拝観料金:個人:大人500円 中高生400円 小学生200円
アクセス:京都市営バス5・46・100系統 「神宮道」下車 徒歩3分、地下鉄東西線「東山駅」下車 徒歩5分、円山公園から徒歩10分 知恩院北隣

夜「京の七夕」

京の七夕

晩のおすすめスポットは堀川の「京の七夕」。会場は大勢の観光客で賑わってます。小川には「いのり星」が放流され、優しい青白い光が幻想的。

光の友禅流し

京の七夕 友禅流し

「光の友禅流し」は川に友禅染の反物が浮かび、カラフルなライトが当たって神秘的でした。ただ、ここが一番混んでて、一方通行なのに全然進まなくて暑かったです。

京の七夕 友禅流し

天の川

京の七夕 天の川

最後はそんな混雑で疲れた雰囲気も吹っ飛ぶライトアップの「天の川」
暑さからは逃れられないけど、それでもなんとか涼を求め、夏に風流な京都を歩くのも悪くないです。大切な人と是非どうぞ。