てくてくきもの1st - 大阪城めぐり

ツイッターから生まれた大阪の着物サークル「きもの結び」
京都キモノジャックは有名で規模も大きくもちろん楽しいですが、大阪ならすぐ近いからすぐ参加できるし嬉しい。
初めてのイベントは「てくてくきもの1st」は自由参加の大阪城散策です。

初めてのサークル参加

てくてくきもの1st - 大阪城めぐり

少し遅刻したけれど、ツイッターで現在地を随時つぶやいてくれたおかげで、迷うことなくみなさんに会えました。
サークル参加者は15名、2班に分かれて大阪城散策です。
散策には大阪観光ボランティアガイド協会さんにガイドをしてもらいました。
ガイドさんは暑い中、生き生きと歴史を語り元気ハツラツ。

天守閣入り口

ガイドさんとお別れしたあと天守閣入り口で一旦休憩。
ふぅ、暑い。汗が止まりません。
真っ昼間からみんなビールを飲むので、私も我慢が出来ずかんぱーい。

天守閣の内部

てくてくきもの 大阪城内

それでは大阪城の中を見学しましょ。
入り口ではミストが散布され、少し涼しく感じられます。

天守閣の中はエアコンで快適(*´∀`*)

お城はエレベータで上の階に登り、なんだかすごく違和感を感じました。

しかしみんなを見てると購買意欲が刺激されヤバイ。
阿波しじら着物織、やっぱり春に買えばよかった…しぼりの浴衣も素敵。
キリッと夏着物も、大人の色気があってはんなり美しいなぁ。
楽しい時間もあっという間、天守閣の最上階で2時間半のイベントは一旦終了。

てくてくきもの

イベント終了後のカフェ

ジェラート てくてくきもの

サークルイベント終了後、まだ一緒に過ごせる人達だけ残ってカフェに移動しおしゃべりしてました。
そこでは着物の話をいろいろできて、楽しかったです。
みんなの装いはほんと参考になりました。


5~9月頃まで着れる単衣の木綿きもの「阿波しじら織」、真夏は浴衣として、春や秋には半衿を合わせて単衣着物と重宝します。軽くて涼しいし、なにより木綿だから家で洗えるのも嬉しいです。