仕事でデザイン会社にサイトデザインを発注しています。
時間があればほんとは自分がしたい仕事なんですが、私にはどんなテイストが必要とされているのか、どれだけ作るか、予算考えて資料作成、クォリティチェックするの仕事を課せられるため対応できません。

現在美容系サイトデザインを二人の男性デザイナーに頼んでいます。
ただ二人ともやっぱりフェミニンカラーは苦手。
淡いピンクやレモンイエローの組み合わせで可愛らしかったり、ビビットなピンクとグレーでクール女性なはずがくすんで重たい印象だけになったりになりがちです。

昨日美容系のサイトでピンク色のカンプがあがってきました。
どうしてなんだろう?やっぱりくすんだ重い印象を与えるものであったり、逆に彩度が高く可愛らしい子供っぽいピンクだけのデザインになってます。
今の日本女性って美容系って言えばってキラキラしてたり、パール感、透明感、パンチのきいたピンクを好むのになんかずれるんですよね…

やっぱり男性は女性のあやふやな色みが理解しずらいのでしょうか?
女性は服を買うときや実生活に女性らしい色彩がからんでくるから意識して見てるけど、男性はフェミニンカラーを取り入れなければならないシーンががないから目が肥えないんでしょうか?

もちろん女性向けでもなんなくこなす男性デザイナーは星の数ほどいます。
ただ以前勤めていたデザイン会社で考えると、女性はどんな雰囲気のサイトでも無難に作れるが、男性は全般にというのが難しい気がします。

全般的に作れても、素晴らしいデザインが出来るっていうのは別次元ですが。
無理に男性が女性向けのをすることない、やれる人がデザインすればいいって思うけど、今の仕事で担当チェンジできないのが辛いとこ、それでもこの企画は完成させるよう協力したいと思います。