もういやーッ(≧ヘ≦)

昨日の昼、青天の中あたたかい雰囲気で葬儀は行われました。
みんなで悲しみ、火葬で骨だけになった父を見て、さらにつらくなりました。
でもそのつらさは亡くなった父への感謝や愛、そういった優しい悲しみからくるつらさです。

でも…
悲劇は葬儀直後にやってきました。

人が亡くなり財産でもめるのはよくある話。
ところが、もっと精神的にきつい話が勃発。

母の面倒は誰がみる?

健常な60代の残された母親を前にして、誰が面倒を見る?なんてって葬式直後に話し合うものでしょうか?

「嫁いで遠方に住んだから、母の面倒も含めすべて放棄する」と宣言。
そんなことが葬式の日に電話で済まされることなんでしょうか?
私も嫁いだら兄に母の面倒すべて任せ、他の兄弟は他人事として済ませていいのでしょうか?

葬儀会場で「話し合わなくていいの?」って姉に主語もなく言われたことの意味がよくわからなかったので、晩の電話の内容にビックリです。
「あんとき集まらなかったからよ!」って言って母の面倒放棄宣言…

悲しみに打ちひしがれている式場で、そんな姉都合の話のために集まられ!って言ってたの?
ほんと吐き気がしてきました(ノ◇≦。)