kitsuke_money.png

体験着付け教室の時に知り合った友達と、先日飲みに行きました。

その着付け教室は通いやすい心斎橋にあり、夜のレッスン授業料全8回8000円と安く魅力的な内容です。
友達は安さに惹かれてそのままそこへ通いだしましたが、私はその体験でなんだか感じ悪い印象的を受けたんです。
他の着付け教室で習うか迷ってたこともあり、そこで習わずもう一方の12回21000円の教室へ通うことにしました。

別々の着付け教室に通うことになりましたがその後も互いのレッスンについてメール報告し、仲良し。その友達が前菜を食べながら爆弾発言をしました。

「教室やめてん。いろいろ買わされて困るから…」

マジで?可哀想(´;ω;`)
確かに体験の時も怪しい悪徳な気配は感じてたけれども…

その教室では練習時に家にあるものを持参したらなじられ、店のものを購入させようするというのです。

なにかと「それ古いわ」と言われ、友達が「お金ないです」と言うと「カード使えるから」と言われる始末。
それでも「カード持ってない」と言うと「次回お金持ってきて」と言われ、次のレッスンでは買わされたアイテムを使って授業で受けさせられたそうです。
買わない姿勢を押し通すと、先生は途端に冷たい態度をとりあくびまでされ参ってました。

練習するのに帯締め古くて使えないなんてことありうる?
万が一少し擦り切れてたって着る方法を覚える為に習うんだからいんじゃないのか?
コーリンベルトや特殊な練習道具など必要なら、習う前に揃えるもの行って欲しいですよね。
最初に安く思わせて行く度に買わされるようなら、信用築けなくなります。

帯結びを習う手前で買わないと教えてもらえない状況に挫折し辞めてしまった彼女。帯の結び方まで習えず自分で着れず可哀相…

襦袢の誂え、帯に着物、どんどん買わされる雰囲気で着付け教室通うのに恐怖を覚えた!と怒ってました。

安いものほど怖いものはない?
着物業界の高いもの売りつけられる慣習、真面目で良心的な店もあるけど着物が好きなだけに改善されて欲しいです。