着物の部分名称とお辞儀の仕方

9月から始まった着付けレッスン。
1回目の授業は着付けをせず、着物の各部分名称、たたみ方、お辞儀の座学でした。

先生は浴衣レッスンの時教えてくれた少し年配の方。
優しく素敵な先生で、レッスン前の日「担任になります◯◯です。よろしくお願いします。」とメールもくださいました。

座学の授業では穴埋めするプリントが渡され、先生が着物を手にして各部分の名称を説明し、それを記入していきます。
そして次に着物のたたみ方を練習。

最後は座ってお辞儀の作法です。
お辞儀には3種類の方法があり、丁寧なお辞儀として「真」、普通の「行」、会釈程度の「草」の説明を受けました。
お稽古では開始と終わりに挨拶する際、「行」で挨拶しましょうと言われ「行」のお辞儀を練習。
まずは背筋伸ばして正座し、手のひらはこの位置、指先は…、頭の角度は…、色々言われ混乱(+_+)

うつむきすぎ、あごあげすぎ…指先確認しすぎては注意され、遠くを目標にしても注意され、最後は目をつぶってやってみなさい!と言われ合格(^_^;)
お辞儀って難しいですね。。

お辞儀について
http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/lessons/reihou/manners/basic/bow.html