旧福知山の廃線跡トンネル

10月3連休、色彩検定に向けての勉強一色じゃ面白くないので、「旧福知山の廃線跡」探検に連れてってもらいました。

旧福知山線廃線跡というのは、1986年JR宝塚線(福知山線)の宝塚と西宮市にまたがる約4.7kmの線路が廃線となり、2000年に1.5km遊歩道として整備されたんですが、トンネルや廃線がそのまま残っててそこを歩けるなんて魅力的。

一応JRの注意書きに「当旧線跡地は、ハイキングコースではありません」って書いてたけど、道中多くの子供連れハイカーに出会います。
トンネルは全部で6箇所、往復約7kmのハイキング。

旧福知山線廃線跡までは大阪駅からJRで30分、兵庫の生瀬駅で下車。
入り口はどこ?このフェンス登るの?と悩んでたら、年配の方々に「違うこっちだよ」って教えてもらい後ろに続いて歩きました。

涼しい季節になったし、キンモクセイも香り楽しい。
ついついスタンドバイミーの曲を口笛で吹いちゃう。

トンネルは懐中電灯なしでは何も見えません。
ひんやりとした空気に包まれ、なんか出てきたりしてドキドキ。
ハイカーがやってきたのか光が2つ前方からやってきて、まるで炭鉱のトロッコ列車が来るようです。

旧福知山の廃線跡トンネル

トンネルはレンガや岩が積み上げられたりして、いまの無機質なコンクリートとはまた違う。
枕木なんか転がっていたり・・

冷たいっ!!上から水滴が振ってきてほっぺたにつたりました。ヤラレタッ

トンネルを抜けると、草ぼうぼうの廃線路だけが転がってます。
年配の方々はブドウかなんか植物採集をしてました。
そういや廃線の鉄橋もあったのに撮影して無くて残念。

武庫川の渓谷沿いでしいい眺めヽ(´∀`)ノ
ほんの2時間程度のハイキングだったけど、紅葉の季節ならきっと真っ赤に色づき綺麗なはず。
コースの終点には武田尾温泉があるらしいです。

※追記 2016年11月
西宮の廃線跡がハイキングコースに 紅葉の名所、15日から一般開放