バランスボールで怪我

フリーランスの在宅ワーカーとして働きはじめてもうじき1年、仕事する際はバランスボールを椅子代わりにしていました。
落ち着いた茶色のバランスボールは悪目立ちせず、家のインテリアともマッチして、1日8時間以上使ってても強度、大きさに問題なく、疲れず使えて気に入ってたんです。

ところがそこでまさかの怪我、足の甲にヒビ
原因はバランスボールで足を組んで痺れ、立ち上がりひねったから。

慣れというのは怖いもの。
本来骨盤矯正にも良いと言われてるバランスボールで足を組み、体に良いはずない体制が常習化。
いつものごとく足を組んでいたら痺れ、無理に立ち上がって恐ろしく足をひねりました。
身体を支えたくてもバランスボールはあっちへコロコロコロ…
普通の椅子だったらそのまま座り直したり手をついたりして力を分散できたと思うんですが後の祭り。

足が痺れてるから感覚ないのか、ひねったところが痛いのか、わからないままうずくまってると足が腫れてきました。
30分たっても内出血のような赤黒い様子はなかったから血行よくしたほうがいいの?と悩み、対処がわからず整形外科へ。

レントゲンとってもらうと足の甲にヒビが入ってました。
普通に家で過ごしてて立ち上がっただけで骨にヒビ、まるでおばあちゃんみたい(´;ω;`)

バランスボールを椅子代わりに使うのが悪いわけじゃないです。
痺れた足で動いた結果、足を痛めたんだから。
でもバランスボールを椅子代わりに使ってると、バランスを崩した時ちょっとヤバイこともあるというのがポイント。
しばらくはバランスボール怖くて使えそうにありません(^_^;)

ところで医療用品は同じ怪我の場合でも色んなタイプがあるんですね。

ギプスシーネ

20年前反対の足の甲を骨折した時、緊急で診てもらった病院では石膏のロングブーツの処置をしてもらいました。
そのあと地元の病院で診てもらうと、そこまで固定する必要ないと言って石膏を外して、足首までのゴムバンドがついたプラスチックの添え木で固定をすることに。
簡単に取り外しが出来るから、お風呂も入れるようになって助かったという思い出があります。

今回の診察では、足裏に板状の綿を包帯でくるくると巻きつけられ、足首までピッタリと巻きつけて完了。
そして先生がおまじないをするかのようにしばらく巻いた箇所を抑えてくれてたんです。
何してるのかな?と思ってると柔らかかった綿がなんと添え木としてカチカチに固まってました。

これなら器具代もかからないしゴミも少ない。
医療用品の進歩なのか私の症状が軽度だから簡易バージョンになってるのかはわからないですが、昔のギプスより薄くなってちゃんと固定できてるから、軽いし小さくなってありがたいです。

怪我したらやっぱり履物が困る!
足を骨折してサンダル探し 冬は指先まで温かなクロックス冬用がオススメ」も合わせて読んで下さいね。