高尾山口駅

日曜に高尾山へ行ってきました。
出かけるのが遅くなり、麓の高尾山口駅に到着したのが11時半、黄色く色づいた銀杏が真っ先にお出迎えです。
そして駅前に群がる大勢のハイカー!!!

改札を出てトイレに行きたくなり、近くのトイレに並んだのですが、全然順番がまわってきません。
10分以上並びようやくトイレを利用することができました。
こんなに並ぶなら、2つしか便器が無いと入口に大きく表示して欲しかったです。
別のトイレへ行けばよかった、高尾山はトイレあちこち整備されてるんですから。

もうすぐ12時、お腹が空いた…
高尾山口駅前でお弁当を購入し、山頂ではなく登る前にもう食べちゃいます。

高尾山まんぷくおむすびセット

お弁当は小さく520円で高いと感じたものの、おかずが沢山入っててけっこうボリューム満点。
味は期待してなかったのにコンビニ弁当より美味しいかも(*´艸`*)

満たされたところで空腹のイライラは収まり出発。
初めての高尾山、よくわからないので一番メジャーな1号路から歩きます。

高尾山紅葉

麓から紅葉MAXで、鮮やかに色づく木々が素敵\(^o^)/
でも低いとこでこの状態だから山頂は大丈夫、枯れ木になってないですか?

高尾山紅葉

1号路はすごく整備された道で、ベビーカーを押しながら登る夫婦を10組以上見ました。
すごくすごく歩きやすく、そしてベビーカーや坂道を駄々こねて歩く子供達の後ろを歩き超スローペース。
ずっと初詣のような混み具合で、そのまま山頂まで続くってどうなんですかΣ(゚Д゚)
ほんと高尾山は人気なんですね。

高尾山ハイキング

ケーブルカーで登って来る人達とも合流するし、上に行くに従い混み具合が半端ないです。
そしてケーブルカー高尾山駅では、乗車券と順番待ちの整理券2枚が必要とアナウンスが流れてました。
ケーブル乗るのも大変そう。

ケーブルカー高尾山駅

高尾山薬王院が見えてきました。

高尾山薬王院

入口には大天狗像と子天狗像があり、天狗信仰の霊山と知りました。
ここ通らないと山頂へ行けないの?ってぐらいの人混みと細い道になり、他の道を探してたらすいてる道を歩いてるハイカーを発見、ついて行ったら山頂へ向かいそうです。

高尾山薬王院 大天狗像と子天狗像

登りはじめて1時間半後、地図無くても迷うこと無く無事山頂に到着。
なんだかハイキングした気があんまりせず、人の後ろ姿ばかり見ていて楽しめませんでした。
山頂では花見会場のごとくそんなに広くない敷地に、空きスペースなくずらりと各自シートを敷いて楽しんでます。

高尾山薬王院 山頂

天気がよければ富士山も見えるらしいですが、山頂からの眺めはガスっててなんだか寂しい景色のみ。

高尾山薬王院 山頂

標高599mとそんなに高くないため、十三州見晴らし台でも麓と同じくらい色づいてる木々を楽しめるのは嬉しかったです。

高尾山頂十三州見晴らし台

山頂にはビジターセンターがあり、そこでは高尾山のハイキングルートが詳しく書いてありました。

登り口の場所はそれほど違わないのに沢山ルートがあったんですね。
6号路だと沢沿いで滑りやすくトレッキングシューズのマークがついていたので、そっちなら空いてるだろうとルートを変更することに。
ただ紅葉シーズンは登りのみの一方通行規制がかかってて、午前8時から午後2時まで下山禁止。
時間確認する15分で14時だったので、少し待って6号路から下山することが出来ました。

6号路は1人しか通れない箇所が多い山道で、道にも水が流れ飛び石を渡りながら進んでいく感じです。
ほんとトレッキングシューズ履いてないと危ない。
やっと登山らしい雰囲気を味わうことができて楽しい、そして1時間15分後ケーブルカー清滝駅到着しハイキング終了。

ケーブルカー清滝駅

電車で簡単来れる高尾山は、新宿から最短乗り換え無しで50分と都心から近く便利。
また山は綺麗に舗装や整備され、お店もあちこちあり、紅葉も綺麗で人気なのも頷けます。
大混雑はうんざりですが、次は富士山を見に登りたい。
そして次高尾山に来る時は、6号路から登ろうと固く決意しました。

高尾山アクセス (高尾登山電鉄公式HP)
高尾山の登山コース (高尾登山電鉄公式HP)