日本らしくない建築が魅力の「築地本願寺」には沢山動物が隠れてる

築地本願寺

築地に行ったら是非とも寄ってもらい場所、それは築地本願寺。
浄土真宗のお寺さんです。

本堂の屋根は菩提樹の葉がモチーフで、中央には仏教のシンボルの花である蓮が描かれてるんですが、なんとも日本の寺らしくない雰囲気。
しかもお寺といえば木造建築なイメージもあるんですが、江戸時代初期から2度の大災害に見舞われた築地本願寺は、地震や火事に強い鉄筋コンクリートと花崗岩で作られています。

築地本願寺

中に入ると荘厳な本堂があり、やっぱり仏教なんですよね。

築地本願寺

でもなぜか教会のようなステンドグラスも。

築地本願寺 パイプオルガン

そしてパイプオルガン、なんだか違和感アリアリです。

築地本願寺ではこのパイプオルガンを使って毎月最終金曜日、「ランチタイムコンサート」を開催しています。
どんな演奏されてるかは行ってのお楽しみ。

この築地本願寺には沢山の動物が隠れてるって知ってました?
本堂の後ろには「築地本願寺に住む動物たち」とうパネルで紹介されているので探してみます。

階段登って本堂に入る手前で左に曲がると鳥を発見、鳳凰かな。

築地本願寺 孔雀

鳳凰の場所にも階段があったので降りてくと、沢山動物いました。
ぽっちゃりした牛でしょ。

築地本願寺 牛

ん?犬?獅子ですね(・・;)

築地本願寺 獅子

獅子の横に並んでるのが、これまたどっしりした馬。

築地本願寺 馬

壁には猿が2匹見下ろしてました。

築地本願寺 猿

1階につくとなんとも言えない表情のゾウも。

築地本願寺 象

他にも羽根の生えたライオンや通称「グロテスク」と呼ばれる舌の長い獅子もいます。
築地本願寺に来たら、レッツ動物探し!

築地本願寺

http://tsukijihongwanji.jp/

関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿