カリモクTVボード 人気No1モデル「QT70」とルンバの相性

カリモク テレビボード QT70モデル

東京へ引っ越す際、テレビボードを買い換えることにしました。
6人がけのカリモクLDセットを買ったのはいいものの、テレビボードは幅90cmのコンパクトサイズでアンバランスだったんです。
大阪に住んでた時のリビングはこちら↓

カリモクLDセット

LDセットと同じメーカーのカリモク家具でテレビボード探そうと思い、東京の販売店を探したらお台場にショールームあることがわかりました。
行ってみるとちょうど新春セールやってます。

色んなメーカーを取り扱う島忠ホームでLDセットを探したときとは違い、カリモク家具ショールームだけあって大好きなカリモク製品がいっぱい。
そしてウォールナットのQT70モデルのテレビボードに一目惚れしました。

天然無垢材で前面は立体加工のギザギザデザイン、これによって陰影がでて、またランダムな木の色合いがたまりません。
そして立体加工により気づきにくいですが、扉の中央は隙間が開いていて、家電の熱がこもらないよう配慮もされてるんです。

カリモク QT70モデル 立体加工のギザギザデザイン

横幅は5種類、1210mm、1539mm、1794mm、2038mm、2378mmとあり、LDセットに幅を合わせて2038mmを注文。

カリモ テレビボード QT70 明細書

注文してから待つこと45日、受注生産でやっと仕上がったテレビボードが我が家へ運ばれてきました。
2mを超えるテレビボードで廊下もまっすぐじゃないから搬入が大変。

カリモク テレビボード QT70 搬入

そしてリビングで組み立て作業が行われました。
テレビやDVDプレーヤーなど設置を考慮し配線などもきちんと考えられたデザインなので、設置業者さんに配線をお願いしてコードは一切見えずスッキリ。

カリモク テレビボード QT70 組み立て

リビングに設置完了( *´艸`)

カリモク テレビボード LDセット リビング

以前のコンパクトなテレビボードとは違い、両サイドにゆとりができました。
空いたスペースに郵便物用ラックや小型スピーカー、プリンタを置き、テレビの後ろにはハンディー掃除機まで置けて使い勝手バッチリ。

カリモク テレビボード設置

テレビボードの収納部分は広く、プリンタを置いてる下の扉は引き出しと縦型のスペースがあります。
A4書類が縦に余裕で入るため、印刷用紙をケースに入れ縦て収納、用紙追加する時さっと取り出せて助かってます。

カリモク テレビボード 引き出し

他の扉の内側は可動式の棚となっているのですが、高さを調整したり棚を外せば大きな雑誌も入るので、使い方次第ですね。
私は真ん中にDVDデッキプレーヤーと薬関係を入れてます。

カリモク テレビボード 棚

もちろん我が家には欠かせないルンバもちゃんも掃除可能。

カリモク テレビボード QT70 ルンバ

ただ高さ42cmから1cm刻みでオーダーできるこのQT70モデルは、すべてのサイズがルンバでお掃除できるわけではありません。
ルンバの高さ10cm、それ以上の脚をつけてもらいました。
さらにLDセットからも快適にテレビが見えるよう全高57cmです。

低い高さでオーダーすると箱型脚になり、床との隙間がなくなるのでルンバを使いたい方は気をつけてください。
買う際は「ルンバで下を掃除させたい」とひとこと言いましょう。

購入して半年、無垢の綺麗なデザインは飽きること無く愛着湧いてきました。
安くはないものですが、しっかり計算されていて細やかなつくり、良い物を大事に長く使っていきたいです。

カリモクLDセットについては「搬入泣かせのカリモクLD3点セット、購入の決め手は背面スタイル」を合わせて読んでくださいね。

関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿