ルンバ最強コンビ「エレクトロラックス 乾湿両用コードレスハンディクリーナー」

エレクトロラックス 乾湿両用コードレスハンディクリーナー

ルンバを買ったとき、隅の方はちゃんとゴミ吸い込んでくれない事あるよ!と聞いていたので、あわせて買ったElectrolux(エレクトロラックス社)のハンディクリーナー「ZB6106WD 」
買って2年経つかな、我が家では毎日のように活躍してます。

もちろん購入の決め手は、ルンバの補助役割をしっかりはたしてくれること。
そしてゴミが気になった時さっと取り出せるようリビングに置いてもお洒落なデザインとお手入れ簡単なことでした。
しかも乾湿両用で、飲み物こぼしたときや結露も吸い取ってくれます^ ^

20160604_2.jpg

オレンジ色の隙間ノズルはずして使うと、クールなフォルムがかっこいい。
やっぱスウェーデン生まれはデザインが違いますね。

重さは1kgと軽く前に小さな車輪ついてるので、コロコロ転がしながら楽にお掃除できます。
お掃除中運転ボタンをずっと押す必要がなく、一回だけ押せば続けて運転できるのがさらに楽チン。

収納ステーションは5段階に角度調節可能できます。
オレンジ色のボタンを押しながら倒してください。

20160604_3.jpg
ぺたんこな場合

20160604_4.jpg
3番目の角度

20160604_5.jpg
真上に立てた場合

なんで隙間ノズル取り外しできるのに、つけっぱなしにしてるの?
外したほうがかっこいいよー!と思う人がいるかもしれません。
私も購入サイトではついてるイメージ無かったし、必要なときだけつければ良いと思ってました。

ただ・・・黒いゴム製の小さい吸水ノズルは充電ステーションの収納できるのに、隙間ノズルは収納するところが無いんです。
この辺は改善して欲しいですね。
結局邪魔になるから、そのままつけっぱなしになってしまってます。

そしてこの隙間ノズル、隙間というわりに細いとこに入ってくれません。
もっと細いもの別売りでいいから提供して欲しい(´;ω;`)

20160604_6.jpg

中指が十分入るアコーディオン扉のレール部分でも入らず無理です。

でもルンバが取りこぼす部屋四隅のゴミをとるには、この隙間ノズルがやっぱり重宝。
手芸とか細かいゴミ出る場合も、ハンディクリーナーあると簡単に取り出せてさっと吸い込み便利。
面倒な紙パック式じゃなく洗えるダストカップなので、外してさっとゴミ箱へ。
水洗いも可能です。

吸引力も大満足(*´ω`*)
昔車で使ってたハンディクリーナーは何だったの?って感じ。

充電時間はたった4時間で、14分間使えます。

20160604_7.jpg

インテリアを重視して買ったけど、結局我が家ではTVの裏側に置くことになりました。
裏に隠れちゃったけど、部屋の入り口に置いてるのでもちろんよく見えます。

20160604_8.jpg

ちらりとみえてもかっこいいでしょ?

家電だから機能はもちろん力を発揮してくれるのが大事だけど、押入れに入れて出し入れ大変で面倒だとせっかくの機能でも意味がない。
パワフルでオシャレなダイソンはもちろんいい!
でもルンバのお供にはダイソンの1/3価格のエレクトロラックス社ハンディクリーナーで満足です(*´∀`*)

※乾湿両用について
せっかく液体も吸い込んで便利だと思ってたのに、子供もいないからなかなか出番がありません。
そして先日たっぷり入った珈琲をこぼし慌てて掃除したけれど、気づけばフキンを手に何往復も流し台へ往復してました。
もしかしてこの機能は我が家にとって不要だったのかもしれない・・

**メリット**
・北欧デザインでオシャレなので見せる収納が可能
・乾湿両用、液体もチリも吸い込みOK
・たった4時間充電で14分使える
・吸引力OK
・1kgと軽く、前輪ついててコロコロ転がしながら掃除でき楽
・お掃除中運転ボタンをずっと押す必要がなく、一回だけ押せば続けて運転
・ゴミは紙パック不要で洗浄可能なダストカップ&フィルター

**デメリット**
・先端ノズルの収納がない
・隙間ノズルが大きすぎる
・個人的にオレンジ色は目立つので、我が家インテリア的には抑えた色にして欲しい
関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿