初めてのIHクッキングヒーターでよくある事件



引っ越して、コンロがガスからIH クッキングヒーターになりました。
一応取説を読み、電源ON!

あれ?動かない・・
スイッチ[入]を押したはずなのに?
1秒以上押すって書いてるから長押しもしてるのに。

接触不良?原因が分からないのでマンション管理者に連絡しました。
すぐに設備担当者の方がやってきて、下駄駄箱の上扉を開けブレーカーを弄り点灯。
ここ以外は全部電気がつかえたので、ブレーカー落ちてるの気がつきませんでした。
わざわざ来てもらってごめんなさい。

気を取り直して調理開始。
ん?また動かない。なんでー???
温度調整ボタンは光っているものの、点滅したまま鍋が熱くならないです。

もしかして・・・
別の鍋を置いたら点滅が止まり、鍋が熱くなってきました。

あーー、このフライパンIH非対応ってことなんですね(T_T)
マンション購入でもう引越は当分ないと思ってたから気にせず調理器具を買ってたけど、これからはIHクッキングヒーターに気をつけて購入しないといけないです。

今まで使ってたフライパンよ、さようなら。
卓上電気鍋も煮えるまでコンロであたためてたのに、通電しないです。
ふぅ~慣れるまで面倒。

でもIHクッキングヒーターはガスコンロとちがって、さっとお掃除できるし楽チン。
もう強火で鍋の外側を焦がすことはなくなりそう♪

ちなみにIHクッキングヒーターで使える鍋の見分け方は、磁石でくっつくかチェックするといいそうです。


IHクッキングヒーターのために買い直したフライパン、ダイヤモンド粒子が入ってるから耐久性が高くいままで焦げてた料理も焦げずにお手入れラクラク。
関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿