小樽塩谷海岸 BLUE HOLIC シーカヤック

7月3連休2日目、前日の台風は去り雨もあがったのでシーカヤックに行ってきました。
場所は小樽駅から北海道中央バスで乗ること30分、塩谷海岸。
車を乗らない我が家はアウトドア体験を選ぶ際、価格より公共交通機関でアクセスできるかが重要となってきます。

今回はバスの本数も1時間に3~4本あるのでここに決めました。
塩谷海岸バス停下車して2分、シーカヤックのお店「BLUE HOLIC」に到着(・∀・)

受付のサインを済ませ、裏の更衣室で早速着替えです。
濡れてもいい服装という指定だけだったのですが、私はジムで使ってるセパレート水着にすぐ乾く七分丈パンツ、上からラッシュガードパーカー羽織って、マリンシューズの完全装備。

来る時の格好のままTシャツに短パン姿の子たちもいたので、濡れてもいいなら完全武装しなくても大丈夫。

「BLUE HOLIC」さんではマリンシューズ無くてもサンダルやウェア、麦わら帽子も貸してもらえます。
持ち物は濡れてもいい服装とタオル、カヤック乗りながら飲むドリンクで大丈夫ですよ。

カメラは雨の多い屋久島行った時に困ったから経験から完全防水デジカメ、それとスマホも屋久島用に買ってた防水ポーチ入れて準備万端\(^o^)/

こちらもスマホさえあれば、防水袋を店で用意してくれます。

カメラ&携帯 防水対策

準備が整い13時、私と夫、若い女の子2人と4人で来てた30代くらいのグループ合わせて計8名のレッスン。
前日までの天気が悪くキャンセルが多かったそうですが、おかげでちょうどいい人数とのことでした。
まずは各自渡されたパドルもって準備体操から。

カヤック準備体操

次に乗り方や漕ぎ方の説明を受けました。

カヤック講習

説明は簡単に終わり、まぁ乗ってから説明しましょう。ということで海へGO!
しかし穏やかな湾や湖でやるのとは異なり、波の抵抗があるのでなかなか進まない・・・
最初は無駄に漕いでしまって回転とかしたけれど、だんだん慣れてきて楽しくなってきました。

小樽シーカヤック

漕いでは流れの穏やかな場所でしばし休憩、キラキラと光る水面にうっとり。

二人乗りシーカヤック

青の洞窟入り口が見えてきました。

青の洞窟入り口 塩谷海岸

イタリアの青の洞窟とは違い、入り口も広くスムーズにみんなでGO!

青の洞窟内 塩谷海岸

暗闇の中、ほんとに水は青くて美しい。
写真では難しいけれど・・
みんなで記念撮影し、しばし青い世界で揺らめく。

青の洞窟内 塩谷海岸

洞窟を抜けると遠くには白いヨットやジェットスキーが見えました。
船が来るとインストラクターさんの指導で邪魔にならない位置によったりと、ひたすら漕ぎ続けてく。

20150719_10.jpg

3時間はあっという間で、腕はほのかに疲れ充実感いっぱいでした。
優しく丁寧な指導してくれてほんと楽しくあっという間(*´∀`*)

建物に戻ると、さっきまで楽しんでた私達の写真が画面に流されてました。
写真2000円で販売です!
自分たちで写真撮ったしいらないかな?と思ったけれど、やっぱりツーショットのカヤックシーンは欲しい。
結局買ってCDをその場で焼いてもらいました。

小樽塩谷海岸 BLUE HOLIC シーカヤック

予約時はもういい年こいて若い人達と恥ずかしいかな?と思いましたが、カヤックはそんなにハードでないし、年齢関わらず楽しめます。

ただエンジン付いてるわけではなく勝手には進まないので、自分で最低限漕ぐ必要はありますので注意。
ぼーっと乗ってたら行けると思ってた!と一緒に参加してた人は話してました(笑

海のアクティビティは南の島だけじゃありません。
夏には涼しい北海道で楽しむのもオススメ!

そうそう夏のレジャーで大事なこと、必ず日焼け止めを塗りましょう。
顔、首、腕、完璧に思えても案外塗り忘れたりするもんです。
私は足を忘れてて、偉い惨事となりました。
この夏はスカート履けそうにない…

20150719_12.jpg

運営:BLUE HOLIC

体験時間:約3時間 9:00~12:00 or13:00~16:00
参加料金:小学生以上6,000円,幼児(小学生未満)4,000円
集合場所:小樽塩谷海水浴場 Blue Holic