7月浴衣で茶道稽古「唐銅の七種蓋置」

浴衣で茶道稽古

7月も入り蒸し暑い季節がやってきました。
茶道のお稽古行くのに一応夏着物は持ってるんですが、変わり織り綿麻浴衣のほうが涼しいので、今回は浴衣の中に襦袢を着て着物風浴衣でお稽古です。

麻? 絽の着物?
と先生や母も尋ねるほど浴衣地っぽくない柔らかな風合い、絹のような足さばきの良さがないのが残念。

茶道ではお席入りする前に寄付(よりつき)と言う控室で待つらしいのですが、公民館でお稽古してるのでその場所はなく想像して振る舞いだけお稽古です。
寄り付きでは白湯がふるまわれるとのことで、涼やかなグラスに入れた白湯を頂き一呼吸。

そしてお稽古としてはじめて使う棚について説明を受けました。



次に唐銅の七種蓋置をずらりと並べられ、昨年教えて頂いた内容を復習。
この蓋置は小さくて趣向を凝らしてあり面白いと思いませんか?
今回は夏にちなんで栄螺(さざえ)を使用することしました。

唐銅の七種蓋置

お稽古では実家近所の人と4人で習ってて、お濃茶1回とお薄2回の計3回、3人が順番にもてなす側の亭主を務めることになっています。
今日はお母さんがお濃茶をたてる番。
私はお茶をたてることなく正客。
久しぶりですっかり忘れながらも先生が優しく教えてくだいました。

20150711_4.jpg

夏らしいひまわりの主菓子頂きながら待ってると、お部屋にお抹茶の香りがたちこめてきます。
シャカシャカシャカと茶筅の音が響き渡る…

お点前頂戴致します。

ドロっとしたお濃茶を口に含み、あとから広がってくる甘みと鼻に抜ける抹茶の余韻を楽しみました。
お薄はあまり好きではないけれど、お濃茶の後味はなんともいい感じ。
お濃茶の後は爽やかな甘さのひまわり主菓子でごちそうさま。

ひまわりの主菓子


茶道はお道具を愛でるのも楽しみの1つ。七種蓋置をコレクションにしてみませんか?

関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿