ニューヨーク旅、初めてのデリでドキドキ注文

ベーグルとお茶

日曜日の朝、「ニューヨーク旅、初めての地下鉄」を体験し、HISのハーレムミニ観光・ゴスペル鑑賞に行くつもりが時間を間違え、1時間早く集合場所のヒルトンホテル到着。
せっかくなのでミッドタウンで朝食をとることにしました。

歩いてるとあちこち屋台があるんですが、値段がよくわからなくてウロウロ。
そしてデリに入ってみました。

デリというのはデリカテッセン(惣菜店)のこと。
でもニューヨークで見かけた店は、日本のコンビニに近くて食べ物だけじゃなく、お花屋や雑貨、タバコに酒など店によっては売られていて24時間営業が多かったです。

ニューヨーク来たんだし、デリで売られてるベーグルが食べてみたい。
でもオーダーに自信がなくてなかなか頼めない。
ガイドブックで読んでたのに日本のバーガーショップ「SUBWAY」で頼むぐらい難しい。
温かいパン・・・魅力的(´;ω;`)

英語が全く話せないからなかなか言い出せず、モゴモゴしていたら店員さんがこっちを見たので、メニューの一番上に書いてあった「クリームチーズ!」、パンを指さしながら「ベーグル!」と渾身の力をふり絞って言ってみました。
どうやら伝わったようで「トースト?」と店員さんに言われ、蚊の鳴くような声で「トーストプリーズ・・」と答え温めてもらえました。
値段はベーグルとチーズトッピングで2ドル弱。

たったこれだけですが屋台やデリの周りをずっとウロウロ、やっとのオーダー、初めてのデリは疲れました(T_T)

どこで食べる?これまた難問、道端で73歳のお母さんと2人で立ち食い?
それはないなと思ってヒルトンに戻り、ホテルのロビーで恥ずかしいと思いつつ食べてみました。
アルミホイルに包まれたベーグルは外側サクッともっちり食感、体重が気になってしまうほどのたっぷりクリーミーなチーズ、日本のベーグルと違って大きくて幸せ。

飲み物はお母さんが日本からスーツケースに入れて持ってきた伊藤園のおーいお茶です。
どこの国に行こうと、やっぱり日本のお茶がいいみたい。

お腹も満たされたし、バスに乗ってハーレムミニ観光・ゴスペル鑑賞へ行ってきます。


家でもモチっと美味しいベーグル食べたい。
関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿