最終チームを送り出し、ゴール地点の姫路へ。
すでに何組もゴールを受け入れ次のチームを待ってるゴールはまったりとしてた。
ゴールシーンを全く見てないけど、みんな無事ゴールされてたんだなぁ(*´∀`*)
大会終了はもともと15時、15時半から懇親会だったので急いでお風呂に入り汚れを落とす。
すぐ懇親会始まっちゃうわ。
最終チームが歩いてるのが気がかりになりつつも、とにかくみんなゴールできお疲れ様でした!!
ホテルクレール日笠で昼に食べたコンビニ冷麺もどこへやら、御膳頂きます。
疲れた体にビールが効くわ(*´∀`*)

宴会場所が全員入らなかった為サポーターは別会場でかんぱーい。
徒歩参加者はきっと体験談発表し、感動をシェアしてたに違いない。
あの時間って皆が気持ち一体となり、痛みを分けあった仲間としてつながり素敵なひとときだよねぇ〜
サポートチームの会場は宴たけなわ、ちょっと賑やかすぎて離脱です(^_^;)
最終チームが気になるし、ゴール場所で酔った頭を冷やしとこう。
そして18時半、最終チームが残り1km切ったのを確認し近くまで迎えに行った。
ちゃんと歩いてる!!痛いと泣いてた子も揃ってる!!
19時、最終チームゴール\(^o^)/

一人ずつゴール後の挨拶を行い、そのたびに涙が出た。
辛かったよね、痛かったよね、自分の体験を重ねあわせ仲間たち、私はこのチームのゴールしか見ることが出来なかったけど最高にカッコ良かった。
完歩おめでとう!そして感動をありがとう!!
2度歩いて足がボロボロ、絶対もう歩かない!と思ったけど、この勇姿を見ると羨ましいと思ってしまう。
いや!でも来年もその人達をサポートするため頑張ります。
この大会、タイムを競う競技ではありません。
参加して頂いた人が感謝、感動、感激を体験して頂き、人とのつながりの大切さ、他人を想う気持ちを感じてもらうことを目的にし、それにより日本をはっぴーにという目的で開催してるので、グループで歩きます。
見知らぬ人と仲間になっても歩くのが早い人、遅い人、一丸となって助けあいながら歩く。
ペースを合わすのが逆にしんどかったりもするけれど、支えあう気持ちが非常に大切。
相手を思いやって一緒に歩くからこそ絆が深まるんだと思います。
感動を一緒にシェアしませんか?
歩きたくなった人、サポートしてあげたいと思った人は是非なべっちに声をかけてね(・ω<) 歩いた人もサポーターさんもほんとお疲れ様でした。 関西100km歩こうよ!http://kansai100km.jp/