お腹満たされ第3チェックポイントに着くとあたりは真っ暗、そして少し肌寒い!
ここも屋外の駐車場なので、みんなでブルーシートとダンボールを敷き詰めた。
知ってます?ダンボールってクッション性だけでなくほんと温かいんだよね(^^)

このチェックポイントの手前で前回道に迷った人もいたので、今回は誘導棒を持って途中のポイントで立ってもらうことに。その棒持ってお願いします!
女性陣はふぐ汁作り。ふぐが食べるのもこの大会の魅力\(^o^)/
(株)ナガノさんありがとう。
そしてうどんののらやさんからも提供してもらい、手打ちの冷たいおうどんやわらび餅も♪

徒歩チームが到着するまでサポーターの夕飯タイム。
この時間にふぐ汁やおうどんが食べれるなら南京町で食べなければよかった、お腹いっぱいで入らない(>_<) プロジェクターで朝から大会の様子を動画や写真を撮ってたのを編集し、映し出す男性陣。 みんな見てくれてたかなぁ。。
落ち着いて時間はあっという間にすぎ、22時からは夜戦場と化した。
そりゃ朝から歩いてるんだもんね、マメも出来る人はできるし故障リタイアする人だって致し方ない。
自分が北海道100km歩いた時は日が暮れぬうちからマメが潰れワンワン泣いてたんだから、ここは手厚くケアしてあげないと。
100kmマラソンにも参加されてる人はまだまだ元気いっぱい、走りそうな勢い。
普段スポーツされてる人でも長距離ひたすら歩くのは使う筋肉が違うから痛む人もいたりと体調はそれぞれ。
今回サポーターは出来る限り全員マッサージを受けさせて状態良く歩いてほしいと、一人に長時間施術しないよう時間を言われていて、昨年よりだいぶ平等にしてあげれたと思う。
いくら元気で大丈夫といってもやっぱさすってもらうだけでだいぶ違うのだから。
他の大会では長蛇の列で結局マッサージがうけれなかったりするけれど、たいして待ってもらうこともなくスムーズに対応できたんじゃないかな。
深夜2時、第3チェックポイント撤収!
第4チェックポイントの武庫川河川敷へ移動し車でしばし仮眠Zzz
⇒大会の朝に続く