7月茶道稽古、夏の着物はポリの色無地&レース足袋

床の間のしつらえ

7月28日、夏真っ盛りに茶道のお稽古。
床の間はそんな暑さを少しでも和らげようと、滝の流れをイメージさせるような涼しげな書の短冊に、さざえ籠にお花を活けてます。

今日はお母さんからお茶を点てました。

茶道稽古

待ってる間に涼し気なゼリーを頂きます(^ ^)

硝子の器にゼリー

この日の茶道への装いは、リサイクル着物ショップで買った一つ紋の色無地1,600円。

絽色無地

見た目は少し涼しげだけど、ポリエステルが肌にベタつく感じがして暑いと思うのは気のせい?
長襦袢は涼しい素材なんですが・・・
汗をかく季節だもの、洗濯したいからいつもポリを着てると茶道の先生はおっしゃってました。

夏のコーディネートは淡くて涼しげなものが多いけど、あえて濃い色の帯揚げ帯締めで引き締めてみました。
やっぱ薄い方が涼しげにみえるかも^^;

夏用帯揚げ帯締め

今回は帯締め帯揚げセットでセールで1820円と安くて良かったんですが失敗。
帯締めの房の部分から白い芯がでてきて扱い辛いです( ;∀;)

レース足袋

足袋はいつも愛用してるヘビロテの普段着用レース足袋。
肌が透けない厚地のレースはちょっぴりフェミニン、こはぜもないから楽チン。

夏に着物なんて暑いだけ!という人もいるけれど、やっぱ涼しい顔して凛と着れるようになりたいです。


関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿