染み抜き伝票

着物にハマり出した時、まず安いリサイクル着物を買いませんでした?

そして年に何度も着てない!安く買ったものだから倍以上しそうな洗いなんてまだ出さなくても!と良い訳して1~3年は洗うことを放置。
私だけでしょうか^^;

でも着物にどっぷりはまって着る機会が多いので、いい加減洗わないとやばいかもと気にはなってました。

そしてよく行くアンティーク着物ショップ「Tokyo135°天王寺店」で着物丸洗い1,365円のキャンペーンが行われていたので試してみたんです。
Tokyo135°は大手全国チェーンのリサイクル着物販売「たんす屋」系列なので、古い物洗うのは得意に違いない。

着物洗濯いつやるの?今でしょう(≧∇≦)

手持ちの着物を全部頼みたいとこですがそんなゆとりはないので、とりあえずお気に入りと大事に着たいもの2枚の着物をだしました。

袷着物

ピンク色はかたばみの地模様入った色無地、黄色の八掛が可愛い赤の水玉は御召でこの2枚。
色無地はよく見るとなぜかボールペンの汚れがあるんですよね。
でも新品でお仕立てするより、洗い出して染み抜きする方がきっと安いはず。

染み抜きは、まずはお見積もりが業者からはじき出され、その金額でも依頼するのか確認のお電話がかかってきます。

染み抜きは5,000円かかりますけどどうされます?

うっ高い!

お手頃リサイクル着物なら買えちゃう( ;∀;)

でもこの色無地はジャストサイズで1万円したし、地模様が華やかだから大切に着てあげよう。

洗いに出すこと約3ヶ月、張りが出て綺麗になった着物が帰ってきました。
2枚洗い張りで1枚染み抜きで合計7,980円。

シーズンオフや安い時期見つけて、一度洗いに出してましょう(^^)


時間が経つほど落ちにくくなる汚れ、着物も同じこと。汚れの種類を見極めて、こまめに自分でお手入れしませんか?