掛け軸「柳緑花紅」

4月に入りお床の掛け軸には「柳緑花紅」と書かれた色紙です。
意味は柳は緑色、花は紅色、春にふさわしい言葉だそうです。
そしてそれは当たり前なこと、本来のありのままの姿で受け入れようと含蓄のある言葉でした。

今日の茶道お稽古は「旅箪笥」です。
先生は大きなお道具を運んできました。

旅箪笥 茶道

旅箪笥は、千利休が豊臣秀吉の小田原の陣に従った際に考案したものだそうです。
当時の戦は長丁場で、お茶などたしなみながら続けていたんだと考えると驚きですね。
しかも戦にこんな大きい物かついで持って行ったなんて。

旅箪笥 茶道

旅箪笥のお手前は、いつもと全然異なり留め金の外し方や蓋の扱いまで細かく教えてもらい面白かったです。
金具はこう持って、蓋は三分の一の場所を右手で持ってなど。
ただこれ次に行うのは1年後、覚えてる自信は全くありません…