瀕死のライオン像 スイス
朝8時半、今朝はTシャツ1枚に薄いカーディガンが丁度いい雨降りの天気。
古都ルチェルン観光へ出発です。
まずはホテルから歩いて瀕死のライオン像へGO。
これはスイスの兵隊さんが他国の為に働いき傷ついて亡くなったことを称えて、後の人が作ったそうです。
自国産業がないからって他国の為に働いて、自国民動詞敵対して戦うなんて切ないですね(´;ω;`)
少し歩いてカペル橋へ。
この全長204m木製の橋は13世紀に作られたのですが、1993年に火災で大半が焼けその後修復されました。
カペル橋 スイス
橋の梁には17世紀のスイスの歴史や聖人の絵画が飾られています。
カペル橋 スイス
橋の周りには沢山の屋台が出てました。
カペル橋 屋台 スイス
スイスと言えばチーズ、屋台にチーズ屋さんが並ぶんですね、魅力的(*´艸`*)
カペル橋 屋台 スイス
フルーツ美味しそう、ツアーさんの中でプラム買ってる人いました。
カペル橋 屋台 スイス 果物屋
でっかいカボチャ!!
カペル橋 屋台 スイス 野菜屋
ひまわりや薔薇などお花も売ってます。
カペル橋 屋台 スイス 花屋
ルツェルン旧市街ってほんと可愛らしくて素敵。
スイス ルツェルン旧市街
壁にフレスコ画が描かれているんです。
スイス ルツェルン旧市街 フレスコ画
約2時間、ルツェルン旧市街とさようなら。