白谷雲水峡トレッキング下山後、バスに乗り宮之浦港まで戻ってきました。
時刻は15時40分、飛行機は18時だから急いで空港前の温泉に行き、ずぶ濡れになった体を温めないと。

宮之浦港から空港までのバスは乗り継ぎ悪く、時間も無いから結局タクシーを拾いました。

タクシー代3,500円が痛い。

そして空港前の「縄文杉の宿 まんてん」で汗を流す。
ここの温泉はすごく設備よくお湯もよかったけど、露天はかなりぬるめでした。
なかなか体温まらない・・・
そして日帰り入浴1500円とかなりお高めですが、空港からすぐで便利だし仕方ないですね。
飛行機の時間が迫っていたので、頭は洗わずメイクも落とさず体だけ洗って温まり、なんだかもったいない・・・

出発時刻の1時間前となり、目の前にある空港へスーツケースをガラガラ運びながら歩いていきました。
お土産全然買ってなかったけど、なんか売ってる?

そして悲劇がおきました。

鹿児島から大阪までの飛行機が欠航。

帰りは屋久島→鹿児島→伊丹を予定してたので「屋久島→鹿児島間は大丈夫です」と言われたものの、鹿児島から伊丹までの飛行機は全便決行になってました。

台風のバカヤロー!!

鹿児島から電車?すでに17時で無理、仕方なく飛行機を翌日の直行便に振り替えてもらいました。

屋久島延泊決定(´;ω;`)
なんだったんだ、タクシーとばして高い温泉に入り、カラスの行水のごとくあがってきたのに。

空港で力尽きました・・・
悩んでてもしかたない、翌日は日曜で会社休みでまだ良かったと思いましょう、今夜の宿探します。

4日間毎日海の幸だったので、そろそろ濃い味の肉が食べたい。
宮之浦で宿を見つけチェックインを済ませると、焼肉屋へダッシュ。
「焼肉一風堂」でがっつり肉を食べ、今回のアクシデントとともにビールですべて腹に流し込みました。

屋久島「焼肉一風堂」