ホテル 屋久島山荘
1日目の宿は、翌日の縄文杉トレッキングに備え一番近い『ホテル 屋久島山荘』です。
この一番近いっていうのが重要!
なぜなら縄文杉トレッキングをするのには3月から11月末までの期間、必ず全員早朝のバスに乗らないと行けないから。
縄文杉がある荒川登山口までは登山客増加のため一般車両通行規制を行っており、「屋久杉自然館前」から先は車や二輪車など通れません。
バスのダイヤは一番遅くて6時、それ以降は14時までないんです。
宮之浦エリアだとお店や居酒屋も多くて魅力的なんですが、屋久杉自然館前まで行くのに車で30分はかかります。
ホテル 屋久島山荘からだと屋久杉自然館前までバスで5分、朝5時台に到着しないければならない状況でにこの時間差、大きくないですか?
支度の時間も考えると何時に起きなければならないの?って感じでやっぱり縄文杉に近い宿が嬉しいです。
屋久島山岳部車両運行対策協議会 荒川登山バス時刻表
ここの宿、見た目以上に古い印象でしたが、部屋はそこそこ広いです。
ホテル 屋久島山荘 和室
お風呂はなんとびっくり畳風呂、洗い場に畳が敷いてあったんです。
脱衣所じゃなくて洗い場!!
水かけて大丈夫?と怒られないよね?とドキドキ。
ちなみに男性は石に囲まれた川見風呂で、これは日ごとに入れ替わりでした。
夕食は屋久島の郷土料理。
ホテル 屋久島山荘 夕食お品書き
ホテル 屋久島山荘 夕食郷土料理
初めて食べた郷土料理は味が甘めでした。
いや刺し身醤油が甘いんですね、それにつけて食べるきびなごの刺身最高。
アサヒガニは濃厚で美味しかったです(*´艸`*)
ホテル 屋久島山荘 きびなごの刺身とアサヒ蟹の姿茹
朝食は出発が早すぎるため、登山用お弁当に変更してもらえました。
お昼のお弁当も600円で頼み、縄文杉トレッキングの準備万端。
夜、外は風の音がきつく雨音もしましたが、よっぽどのことがない限り山に登ります(`・ω・´)ゞ
ホテル 屋久島山荘 <屋久島>


ひと月に35日雨が降ると言われる屋久島、どうせなら可愛いポンチョで万全の雨対策しませんか?防水性の高いシューズとシューズスパッツで足元守れば、サッと服の上からかぶれるポンチョは便利です。レインスーツほど密封しないから夏場でも快適。