屋久島レンタカー ヴィッツ

夏の終わり8/31(水)、屋久島へ行ってきました。
大阪からの飛行機は直行便で1日1本、伊丹10:20発に乗り屋久島空港へは1時間半とあっという間です。
行くまでは台風情報が出てて不安だったけど、現地に着いたら風が少しきついだけで曇り空、遊びに行くのは問題ありませんでした。

この天気なら、やっぱりレンタカー予約しとけばよかった…

屋久島12時着だったものの台風も来てるから、午後の予定はその日の気分で決めようとノープランだったんです。

レンタカー当日予約

早速空港前のベンチ座り片っ端からレンタカー会社へ問い合わせたところ、2件目で車の空きがありました。
6時間、宿で乗り捨てOkのコース申し込み完了。

当日予約にかかわらずで借りることができて良かったのですが、既に軽自動車は借りられていて、1,000円アップ料金のヴィッツとなってしまったのだけが残念でした。

水曜日の飲食店探し

夏のドライブには音楽は欠かせないと思って接続先を探したけれど、借りた車はiPhoneが繋げない(´;ω;`)
ラジオからは地方局ならではのトークと演歌が流れてました。
仕方ないからiPhoneのボリューム最大にし、サイドボードに置いてレディガガをガンガン鳴らし上機嫌でレッツゴー!!

ドライブはショップや商店が多そうな宮之浦からまわることにしました。
もう13時になるし早く昼ごはんが食べたい…

しかし飲食店を探すもことごとく閉まってるじゃないですか。
もしかして水曜日は屋久島飲食店の定休日

ヤバイ、14時までにありつかないとランチタイム終わる・・・
ぐるなびを起動させ店探しました。

屋久島・宮之浦「お食事処 潮騒」

屋久島 お食事処「潮騒」

ぐるなびに新鮮でウマイ!と書いてる、宮之浦の「お食事処 潮騒」が営業してたので、迷わず入りました。
カウンターでとび魚唐揚げ定食を見て心を奪われたんですが、エビフライ定食1,400円を注文。
運ばれてきたエビフライはすごく大きな海老が2本、サクサクプリプリ美味しかったです(*´艸`*)

エビフライ定食 屋久島『お食事処 潮騒』

永田いなか浜

屋久島・永田いなか浜

食後車を少し走らせ「永田いなか浜」に来ました。
台風が近づいてて空はかなり重いけれど、白く綺麗な砂浜が広がり透き通ったエメラルドグリーンの海。
ここは日本一のウミガメ産卵地で、5月から7月頃にかけ真夜中ウミガメが産卵しに上陸してくるんですよ。
ゆっくり海を楽しみたかったけど6時間のドライブなので次の観光スポットへ。

西部林道

猿・鹿 屋久島 西部林道

ビーチのある永田から栗生までを結ぶ県道78号線は「西部林道」と呼ばれ、世界自然遺産に指定されている地域にあります。
くねくねして道幅が狭く光が木々で遮られ暗い箇所も多かったので、対向車に早く気づいてもらうためにスモールライトをつけゆっくり走行しました。
レンタカーで注意を受けてた動物とも遭遇、ヤクシカやヤクザルが普通に道を歩いてるんですよね。
屋久島は「猿2万、鹿2万、人口2万」と揶揄されるぐらい多いんです。

大川の滝(おおこのたき)

屋久島 大川の滝

落差約88mで日本の滝百選に入る大川の滝、轟音で流れ落ちる水の勢いは迫力満点
滝壺ギリギリまで近づくことできたので、全身にミストシャワーを浴びることができ気持ちいい。
マイナスイオン最高、ここ絶対立ち寄るべき場所です♪

千尋の滝(せんぴろのたき)

屋久島 千尋の滝

展望台から眺める千尋の滝、滝までだいぶ遠かったせいか直前に見た大川の滝が迫力ありすぎたせいかガッカリな印象
レンタカーの返却時間が気になってたのでこの規模ならパスしてもよかったかも。

トローキの滝

屋久島 トローキの滝

レンタカー返却時間まで残り1時間、慌ててトローキの滝も見に行きました。
トローキの滝は川が海に直接流れ落ちる滝とガイドブックには書いてあり、楽しみにしながら細い崖に向かう遊歩道を下り展望台に行ったんですが、遠くて小さく見れるだけでちょっと残念。
やっぱり滝を見る順番も大事ですね。
17時半、安房のガソリンスタンドに着き、ガソリンを満タンにして18時ぎりぎり泊まる宿、屋久島山荘に到着しドライブ終了。

屋久島ドライブを終えての感想

ドライブコースとレンタル時間

屋久島は1周約110km、3時間で回れるる広さで、信号もほとんど無く快適なドライブです。
しかも台風近づいてるせいか、車の台数も少なく走りやすかったです。
ただ山間部は道が狭いので対向車が来た時は大変で、ペーパードライバーにとってカーブでのバックは恐怖でした。

1周はどこにもよらず車を走らせるだけなら3時間もあれば十分だけど、色々見てまわったら6時間でもギリギリです。
そして車に乗ってすぐ食事をしたかったので空港から反時計回りで移動しましたが、滝の見どころなど考えると空港や港から時計回りで走るのがお勧めです。

屋久島の乗り物

屋久島は交通費が高いくバスでどこ行くにも片道500円ぐらいかかり本数も少ないです。
本やネットにも書いてありましたが、2人以上ならレンタカーは借りることをオススメします。