黒留袖 着せつけ自主練習

黒留袖 着せ付け 胸元

以前習った着せつけ練習をやってます。
練習に使ってるのは、四天王寺骨董市で見つけた掘り出し物の黒留袖。
丈の長さはちょっと短いけど問題ないし、ポリエステル地だから胴裏もかびてなくラッキー!
かなり樟脳の香りがきつかったのですが、3週間ほど部屋で干しっぱなしにしようやくとれました。

目が痛いほど臭くてポリエステル素材の礼服、なかなか欲しい人っていないですよね。
裾は雲母に御所車で美しいんですが、400円で購入できました。

でも練習用の帯がありません。
振袖用の派手な袋帯でやろうかと思ったんですが、全然雰囲気が変わりやりづらいです(´;ω;`)
仕方ないけど今回だけ1回だけしか締めたこと無いこの礼装用の袋帯使いました。

帯揚げ帯締めは色が入ってるけど許してください。練習ですから。

とりかかること45分、比翼仕立てはいままで練習してこなかったことに気付かされる。
うまく比翼が折れなくて、思い通りに動かない自分の指にイライラ。

そしておはしょりが出るか心配になってきました。
ちょっとトルソーの高さを下げよう…
重くて滑り落ちやすい黒留袖に格闘しなかなか位置がきまりません。
お、おはしょりが物足りないです…

もたもたやってる間に胸元がゆるくなってきます。

一応着せつけ完了したけれど裾が短めになりました。

黒留袖 着せ付け 前面

初めて締めた帯は柄どまりの位置に四苦八苦。
手先そんなに長く残したらあとでかなり折らないといけないけどいいの?って自問しながら、無理に押し込め帯もふがふが膨らんじゃいました。

黒留袖 着せ付け 背面

もう少し黒留袖の身丈欲しいです。
そしてしっかり練習しなきゃ!とりあえず終了。


結婚式の時とかめったに使わないものだからあんまり奮発したくはないですよね。それでも上品に!この価格なら借りるより安くすみそうです。
関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿