20110823.jpg

昨年の10月から茶道を始めてから10ヶ月が経ちました。
年末までに少しは茶道の心得がないと通ってる大学で恥ずかしくなる!という母の訴えにより、その付き添いとして私も毎週茶道のお稽古を受けていたのですが、年が明け一旦落ち着き今は月1回のペースで習ってます。

母と二人で習い始めたお稽古は、春から実家近所のおばさまと3人でレッスンを受ける事になりました。

お稽古の日はまず先生の家まで車で迎えに行き、茶道具を積み込んで公民館へ向かいます。
そして公民館の和室に荷物を置いたところからお稽古スタート。

まず道具を水屋に並べ炉を用意し、掛け軸やお花を活けるなど部屋のしつらえ行い整ったところでご挨拶。
そして席入りの練習してお手前を順番に行い主菓子、干菓子と頂きます。

いつも先生が色んな場所で購入し用意してくれる主菓子なんですが、今回は手作り水ようかんでした。
涼やかでおいしそう、しかしどんな形状になろうともやっぱり餡子は苦手…

水ようかんは水分が多いので、硫酸紙に載せ頂きました。

今回のお稽古は略式の煙草盆、茶道にはほんと色々道具があるもんですね。
略式になるから少し手順も減り、道具運ぶのも楽で嬉しいのですが。

お母さん!毎回始めて耳にするような顔を何故するの?

10ヶ月たっても袱紗のさばき方は未だに怪しいし、茶筅通し(茶せんの穂先の具合を確認する動作)も動きを理解してません。
そうやるんですですか?と毎回キョド顔。
伺いながらソロリソロリとお伺いたてるような動きをするので眠いです。
早く終わらないかなぁ。

私も大概忘れっぽいのですが母を見てると、やっぱ歳とると忘れっぽくなるから仕方がないんだ!と変な安心感も実はあるんですけどね。

母が亭主、私が主客するとこれまた大変です。
茶席に入ると、亭主との挨拶からはじまり定型文を言い合うだけでもくすぐったい。

主客:「今日はお招きいただきありがとうございます」
亭主:「今日は遠いところをお運びいただきましてありがとうございます」

敬語で言いあうのが恥ずかしいし、もちろん会話も覚えてないから全然口にだせません。
とりあえず先生が言ってくれたので、真似てみます。
覚えるべき用語がほんと多くて大変、お茶席にきちんとデビューできるようになるのは何年先になることやら〜

茶道はお着物じゃないとダメ?

母や一緒に習ってるおばさまは洋服です。
ただし個々の稽古では白い靴下厳守。
もともと茶道は着物で行うものだったから、帯に袱紗を掛けたりする動作が洋服だと分かりづらいし覚えづらいかもしれません。
袱紗を腰につけるのにひっかける為のベルトや紐がないと毎回言うお母、表千家では3歩で半畳歩くというのもスカートだと足が大きく広がるからいつも指摘され大変そうです。
着物だと胸元に懐紙とか入れ手ぶらで済見ますが、洋服姿の2人は持ち歩くのを忘れたりとお稽古では大変みたい。

茶道の練習続けるにあたり私の苦悩

・いつまでたっても正座が慣れません
・茶道具全般の由来聞くのが眠い
・餡子が苦手で主菓子辛い
・毎回お薄を2杯いただくけどでムカムカしてくる

まとめ

茶道はお茶パフォーマンスであると思うので、ひとつひとつ所作にはルールがあり覚えるのは大変なのですが、お作法を覚えると言うこと自体は人生に於いてプラスになると思います。
そして私にとっては母と毎月一緒に楽しむこの時間は親孝行の意味にでも大事な時間です。


全く関係ないのですが、この商品どういう人が購入するんだろう?