ソフィア王妃芸術センター
ツアーでスペイン観光最終日となり、プラハ美術館からソフィア王妃芸術センターへやってきました。
初日にピカソ美術館で見れないと残念がってたのが、 ソフィア王妃芸術センターでやっとご対面。
母念願のピカソ「ゲルニカ」が見れる日です。
この美術館はゲルニカのある部屋以外は全て撮影可能でした。
ピカソの絵はゲルニカだけじゃないのでとりあえずパチリ。
ピカソ絵画 ソフィア王妃芸術センター
そしてゲルニカの展示室へ。
絵の前には幼児の集団が座り込み、先生の話を聞きながら観賞してました。
ゲルニカの絵は、思っていたよりすごく大きかったです。
そしてピカソの感じた戦争が、モノクロにも関わらず、いやモノクロだからこそなのか、生々しい悲惨さが強く伝わってきました。
今までピカソの絵は技法を聞いて理解はしていたが、ちっとも良さは分かりませんでした。
ただゲルニカはそんな技法とか関係なく、観賞していたら涙がこぼれてきて立ちすくんでました。
絵の説明を饒舌な日本人ガイドが個人的な見解も含めべらべら語るもんだから、途中でイヤホンを外し見入っていたのですが、しばらくするとツアーの人達が動き始めた為、我に返り移動します。
ゴヤの絵では日本人ガイドが現在のスペイン政府の不満など語りまくり…
エルグレコやラファエロの作品を見て、ふと宗教画をあまり見てない事に気付きました。
イタリア行った時は宗教画ばかり見て、裸の肉の塊が気持ち悪くなったんですが。
ゲルニカに満足した母は、ダリの展示室では絵と一緒に写真撮ってと言いだしました。
日本では考えられないことです。
サルバドール・ダリ作「偉大なる手淫者」と母
ソフィア王妃芸術センターを堪能し、マドリッドのスペイン広場に来ました。
マドリッド スペイン広場
写真撮るだけですぐバスへ。
透明人間の大道芸がいたのでパチリ。
20110406_5.jpg
お昼はとうとう日本料理となりました。
日本料理店「どん底」という何とも言えない店名ですが…
マドリード日本料理「どん底」
幕の内弁当で味は可もなく不可もなく普通で安心しましたが、店の外で値段を確認したところ10ユーロ、高くてビックリです。
異国の地で日本料理食べるより、せっかくだから現地の食事、バルで簡単で美味しいもの食べたい。
マドリード日本料理 幕の内弁当
マドリード日本料理「どん底」 メニュー
さて旅の締めくくり、古都トレド観光とフラメンコディナーショーです。