金剛山大雪
年末寒波の影響で大雪となった金剛山。
年始は天候が悪いと言われてて心配したんですが、風もなく晴天となりました。
積雪30cmだから絶対行って楽しまないと\(^o^)/
天王寺9:20発の近鉄線に乗り約30分、富田林駅からさらにバスに乗ること30分、終点の水越峠10:30に到着。
普段はバスの本数が多い金剛山登山口から登るんですが、珍しく水越峠ルートです。
今年は麓から雪がたっぷりあって、テンションあがるー!
そうそう、このバス停の周りは自販機も何もないので、持ち物はちゃんと用意して挑みましょう。
大雪の日 金剛山水越峠バス停
水越峠ルートは金剛登山口ルートと違い階段も少なく登山道、自然をよりいっぱい感じられるのが魅力。
ただバスの本数も少ないし、山頂までの距離も長くなるのが難点。
金剛山登山口からだと約1時間半、水越峠からだと約2時間半かかります。
それでも山道が楽しい水越峠ルート、雪が沢山降った日は断然オススメのルートなんですよね。
大雪 金剛山
ザクザクと気持ちいい感触が足に伝わり、疲れる体もウキウキ。
だんだん雪深くなってきて、足が埋まり歩くのも大変。
大雪 金剛山
ニョキーンと雪の重みにも耐える木々など普段見られない景色も魅力的。
雪積もる木
クリームのようなたっぷりの雪。
大雪 金剛山
こんなけ積もってるとついつい手形とかつけたくなっちゃうんですよね。
大雪 手形
遊びまわってたら3時間、ふくらはぎもパンパンになっては休憩しようやく山頂付近です。
遠くに見える葛城山は重たい雲に覆われてました。
金剛山は良い天気で雪たっぷりなのに、あっちは雪も少なく違いあるもんですね。
金剛山から見る葛城山
金剛山葛木神社で初詣。
昨年は健康に過ごさせて頂き、きちんと働くことができたことに感謝です。
大雪 金剛山葛木神社
冷え込んでいると思ってた山頂は、麓と同じ風も吹いて無くて比較的暖かでした。
大雪 金剛山
六甲はどんより雲がのしかかりあんまり良く見えません。
大雪 金剛山山頂
山頂で売ってるカップヌードル300円を食べ、幸せを噛みしめ下山。
帰りはルート変更していつもの階段の多い金剛登山口ルートです。
途中何人も追い越しましたが、スニーカーのままアイゼンをつけず頑張って降りている人を多数みかけ見てるこっちがヒヤヒヤ。
つるっと滑って怪我などしませんように。
今年の初詣は雪が多くてキラキラとし、すごく感動的でした。
雪はまだまだ残ってるから雪中登山ぜひどうぞ。
大阪で一番高い山「金剛山」の登山道
http://www.kongozan.com/kongo/index.html
金剛山登山道情報
http://www.kongozan.com/
金剛バス 千早線(富田林駅前出発)
http://www.minami-osaka.jp/?KongoBus%2FChihaya
南海バス 小深線(河内長野駅前発)
http://www.minami-osaka.jp/?NankaiBus%2FKongousan


私も使用してるラクラク装着のアイゼン。ベルト状のさらに簡易な商品は取り付け完了するまで見てて大変そうですがこれならあっという間。6本爪で安定感があり雪山登山に必須です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◇エバニュー・EBY015巾調節式6本爪アイゼンYW(L)
価格:6393円(税込、送料別) (2016/11/24時点)