母と茶道を始めます



今日初めての茶道のお稽古し、すごく緊張しました。

きっかけは母が一緒に習いたいと言ったから。
実は母、大学で陶芸専攻していて、近いうちに茶道の授業受けることになったんです。
自分で作ったお茶碗でお抹茶楽しみましょうということで、先生からは「ある程度心得あるでしょう」と言われ焦ったんですよね。

母は若い頃に一応茶道を習ったことがあるらしいのですが、それももう40年も前のこと、記憶からほとんど抹消されてるみたいです。
大学でさすがに10代の同級生と同じ茶道の知識ではマズイと思い、慌てて近所の茶道の先生に教えてもらうよう頼みました。

お稽古場所は地元の公民館、1部屋借りるのに午後半日住民価格250円。
先生はお茶菓子やお道具などいろいろ用意してくれて、2時間?1,000円しか受け取らず、マンツーマンでなんともありがたい価格です。

持ち物は先生から扇子、懐紙、帛紗、楊枝を渡されて、懐紙入れはデザイン、値段ピンきりやからご自分でご用意してくださいね!と言われました。

お稽古ではまずどこに座ったらいいのか分からずオロオロ。
畳から掛け軸や茶道具の説明、お茶頂く時の作法など習い、もうパンク寸前。
それでも先生はすごくあたたかく、優しく教えてくれました。

お茶をもてなす心得って奥深いですね。
一つ一つの動作に想いが込められていて、ははーっと何度も感心してしまいました。

しかし足がしびれて何回崩したかわかりません、恥ずかしい。
年内いっぱい毎週お稽古行くことになりましたが、少しは品が上がりますように。


茶道を始めるならまず袱紗、扇子、楊枝、懐紙にそれを入れる袱紗挟みと、まとめてセットで用意したいですね。

関連記事
人気記事

    コメント 0件

    コメントの投稿