銘仙着物

着物イベントの下見に天神橋筋商店街へ行ってきました。
10年近く天満で働いていたので、コテコテのこの街が大好き。
天神橋筋商店街は1丁目から6丁目まであり、3丁目あたりは少し閑散としています。
空き店舗も目立つのですが、逆にそこをレンタルスペースとして貸し出されていて、毎度違ったお店と出会うことができてそれはそれで楽しい♪

下見の日はレンタルスペースにリサイクル着物屋が入ってました。
掘り出し物がないかとテンションあがる♪
そして下見のはずが、着物を買っちゃいました。
柄に一目惚れ(*´∀`*)

銘仙着物コーディネート

店主は「銘仙は昔人気だったんだよー」と話すけど、そんなことより気になる胸元のシミ。
ただ張りがある生地は思ったより丈夫そうです。

以前銘仙に触れた時はもっと柔らかくて薄い?細かい?感じで、すぐ破いてしまいそうな感じでした。
「昭和初期の着物で銘仙でないかも」と別の店の店員さんにいわれてしまいました。
でもそこはこだわらない、全然可愛いからそれはいいの。
この着物が銘仙と店主じゃ言いきらなかったし。
しかしこのしみは許容範囲?
柄可愛いから…ま、いっか。

銘仙着物 シミ

家帰ってから、トルソーに着てみました。
胸元だからやっぱり気になるこの染み、購入後も柄吹っ切りれないですが2,600円だったので、シミを受け入れなんとか素敵に着こなしたいです。
シミが気になるので落とそうと奮闘してみました。「銘仙着物のシミ抜き挑戦 古く頑固なシミ落ちる?