天神橋筋商店街で始めての銘仙着物購入…これって銘仙?

銘仙着物

着物イベントの下見に天神橋筋商店街へ行ってきました。
10年近く天満で働いていたので、コテコテのこの街が大好き。

天神橋筋商店街は1丁目から6丁目まであり、3丁目あたりは少し閑散としています。
空き店舗も目立つのですが、逆にそこをレンタルスペースとして貸し出されていて、毎度違ったお店と出会うことができてそれはそれで楽しい♪

下見の日はレンタルスペースにリサイクル着物屋が入ってました。
掘り出し物がないかとテンションあがる♪

そして下見のはずが、着物を買っちゃいました。
柄に一目惚れ(*´∀`*)

銘仙着物コーディネート


店主は「銘仙は昔人気だったんだよー」と話すけど、そんなことより気になる胸元のシミ。
ただ張りがある生地は思ったより丈夫そうです。
以前銘仙に触れた時はもっと柔らかくて薄い?細かい?感じで、すぐ破いてしまいそうな感じでした。

「昭和初期の着物で銘仙でないかも」と別の店の店員さんにいわれてしまいました。
でもそこはこだわらない、全然可愛いからそれはいいの。
この着物が銘仙と店主じゃ言いきらなかったし。

しかしこのしみは許容範囲?
柄可愛いから…ま、いっか。

銘仙着物 シミ

家帰ってから、トルソーに着てみました。
胸元だからやっぱり気になるこの染み、購入後も柄吹っ切りれないですが2,600円だったので、シミを受け入れなんとか素敵に着こなしたいです。

シミが気になるので落とそうと奮闘してみました。「銘仙着物のシミ抜き挑戦 古く頑固なシミ落ちる?
関連記事
人気記事

    コメント 5件

    まめぴー  

    初めまして
    銘仙の産地、群馬県伊勢崎在住のまめぴーと申しますm(_ _)m
    アンティークの銘仙というと柔らかい生地を連想するかもしれませんが、使用する糸の種類や年代、目的(自家用か売り物か)などで様々あります
    しっかりした生地との事なので、品質の良い銘仙だと思います
    大切にされて下さいね

    2010/08/23 (Mon) 10:02 | EDIT | 編集

    巨匠佐野大先生  

    柿か、栗をイメージした柄かしら。シミは染み抜きに出したら、ちょっとマシにならないかしら。ジャックで知り合ったシミ抜き屋さんが「個人でもある程度染み抜きできますよ。みんなベンジンを少ししか使わないから、シミが更ににじむので、たっぷり濡らしてやると、素人でもずいぶん綺麗になります」つってたよ。

    2010/08/23 (Mon) 12:36 | EDIT | 編集

    なべっち  

    >まめぴーさん
    コメ頂きありがとうございます。銘仙でも色々あるんですね。勉強になります。
    一度いろんな銘仙の手触り確かめて、柄をながめてみたいもんです。

    >巨匠佐野大先生
    そっか果実に見えるんですね。ベンジンでトライ?うー、怖いけどやってみようかな。

    2010/08/23 (Mon) 21:09 | EDIT | 編集

    yupu  

    衿は目立つね~~…しかも白地に茶色い染み。
    私も巨匠と同じく染み抜きをお勧めするなぁ。

    自分がこの着物にどれくらいまでならお金をかけられるかを考えて、見積りだけでもしてもらったら?
    お金はかけたくないし、もし失敗しても後悔しないなら
    自分でトライしてみてもいいかも。

    2010/08/23 (Mon) 22:45 | 編集

    なべっち  

    >yupuさん
    お久しぶりです。今ツイッターで掛け襟の付け替え勧められました。確かにそこ以外は綺麗なので。
    でも掛け襟なのかも定かな出ないの、オホホホ

    袷までまだ時間あるのでゆっくり悩みます。
    アドバイスありがとです。

    2010/08/23 (Mon) 22:54 | EDIT | 編集

    コメントの投稿