« 2009年04月 »

家族・おうち

末期ガン在宅ホスピスで退院 お父さんの夢

父が退院することとなりました。 母一人で退院手続き大丈夫?って思ってたんですが、昨晩とうとう母もダウン。 連日病院見舞い、介護ケアや介護リフォーム業者の対応、金融系の手続き、お兄ちゃんの墓購入話、一度に舞い込み角のストレスの結果、動悸、下痢を引き起こしたようです。 今まで母は変化の少ない穏やかな生活で、ストレスで胃腸にくるなんてなかったのに。 私もかなり家のことを手伝ってはいるけれど、自分自身...

家族・おうち

「終末医療」在宅ホスピスの説明と受け入れ準備

昨日は父の終末医療のため、母と朝から車で在宅ホスピス支援センターに行ってきました。 着いたところは住宅地の普通の家。 一応看板は出てるけど、ほんとここであってます? インターホンを押すと2階に通されて、担当の若い男の先生と看護師さんにご挨拶。 ここの人たちは病院勤務ではなく、往診専門の人たちです。 まず病院でもらった父のカルテを渡し、今の体調について母が一生懸命伝え、今後の自宅介護のあり方に付...

家族・おうち

金がないなら自分で塗ろう!布張り壁のペンキ塗り

カーペットを剥がして床を補強し、フローリングでピカピカになったリビング。 この部屋に介護ベッドを運び、これから末期がんを患った父が使うことになります。 もともと床が抜けそうだから補強のためにリフォームしたんですが、実は台風の影響で壁に水が染みこんで傷みが目立つんですよね。 そして昔ながらの布張り壁は、台風の影響だけでなく父のタバコでヤニ色に染まり、ほんと汚い… それを眺めて余生を過ごす? する...

家族・おうち

お父さん 末期ガンの一時帰宅

桜咲く季節となり、末期がんの父の外出許可がおりたので、会社を休んで病院へ迎えに行きました。 家に帰る際、三室山や龍田川の桜を楽しんでもらおうと回り道をして車をゆっくり走らせる母。 お父さん、今年も桜を見ることが出来てよかったね。 家に戻った父は、リフォームで補強された箇所を確認し満足そう。 その後はお風呂に入り、2階の布団に直行。 末期がんの父にとって、今朝したこと全てが重労働です。 ...