#帯留めtag

浴衣

レトロな帯留め帯締め使いで浴衣をアンティーク風

神宮外苑花火大会を見に、六本木まで浴衣でお出かけしてきました。 もう10年近く着てるアンティーク柄の浴衣、いつも赤い帯を締めるのですが飽きてきたので今回はガツンと黒1色の帯でコーディネートです。 真鍮の岡重帯留めに、市松模様の黒×金の帯締めでパシッとアクセント。 爽やかさゼロ、ちょっと重苦しい印象もありますが、気にしない(・∀・) 雨が降ったり止んだりと天候が悪かったのですが、六本木ヒルズの森美術か...

浴衣

浴衣の帯周り、プチプラアイテムで素敵にアレンジ

注染手ぬぐいでポンポンヘアゴム作り by にじゆらのワークショップで講師されてた方の浴衣コーディネートが、凄く素敵だったんです。 浴衣は手ぬぐい「にじゆら」× 大人可愛い着物「KIMONO MODERN」のコラボ商品「サンタルチアの胡桃」で、帯は真っ赤な半幅帯。 帯周りは市松模様の帯締めに黒の丸い玉がついた帯留めでモダンな感じがしました。 でもよく見るとなんだか帯留めの金具が変? 近くて見せてもらうとなん...

体験・ワークショップ

体験ガラス帯留め作り 完成

先週友達と作ったガラスの帯留めが、6日後に帯留め金具がついた状態で届けられました。作った時は平らなガラス板を重ねただけだったのに、ぷっくりトロンと柔らかい印象に仕上がってきて嬉しいです。焼く前は固そうなひし餅みたいでした。「重ねるほど盛り上がり、中心が高くなるように作ってください」と先生が仰ってたのですが、焼き上がりを見てその意味がわかりました。たくさん重ねた右側の方が盛り上がり、溶け流れて右上下...

体験・ワークショップ

体験ガラス帯留め作り(ガラスフュージング)

着物好きな友達に誘われて、「和の心」主催のガラスの帯留め作り体験をしてきました。場所は四谷3丁目にある隠れ家的なお洒落なギャラリーで、講師はこの日の為に京都からわざわざ来てくださったガラス作家の石井佳鶴子さんです。参加者は8名、帯留め作りだから着物で来る人もいるかと思ったけど先生しか着てなくて、色々着物コーディネートを見れると思ってただけに残念(;・∀・)帯留め制作する前に京都の季節限定和菓子をお抹茶...

浴衣

浴衣でお泊り、2日分コーディネートで持ち物何が必要?

今夜「京都京都五山送り火」見に行きそのあと飲み会、旅館に泊まって翌日も京都で遊ぶ予定です。せっかく五山送り火をみるのだからと、朝からウキウキ着物コーディネートしました。下着だけ交換で2日間同じ浴衣で我慢しようかと思ったのですが、京都の夏は暑いし汗だくになると思い、今回は2枚の浴衣準備です。浴衣・装飾 持ち物・浴衣・半幅帯・帯締・帯留・ハンカチ・手ぬぐい・扇子・かごバッグ荷物を減らす為、帯は1本で使い...

体験・ワークショップ

体験ヴェネチアングラス フュージング(帯留め制作) 完成

OSAKAアート&てづくりバザールで「体験ヴェネチアングラスで帯留め作り」をし、工房 和-輪(わわ)さんから焼成された完成品が送られてきました。黒地にヴェネチアングラスの花が流れるように散りばめてみたんですが、なかなかいい感じと思いませんか?もう少しお花のラインに太さの強弱あれば完璧。ついついてんこ盛りに貼り付けてしまいそこは反省です。体験ではもともとストラップを作る事になっていて、今回ストラップ金具は...

体験・ワークショップ

体験ヴェネチアングラス フュージング(帯留め制作)

OSAKAアート&てづくりバザール vol.12では個性的で可愛い雑貨が沢山販売されてるですが、様々なワークショップも行われていました。プリザーブドフラワーアレンジ体験や、UVレジンで作るオリジナルアクセ、革小物作るのも楽しそう。その中でやっぱお着物に合うもの作りたいと思い、工房 和-輪(わわ)さんが行ってるヴェネチアングラスで作るアクセサリー体験をチョイス。このヴェネチアングラスで帯留めを作りたい(`・ω・´)ゞ...

きものコーディネート

龍に獅子の刺繍帯 × アンティーク着物コーディネート

誰かと会うときまで隠していた着物ですがやっと出番、このアンティークな紫の着物も先日の着物チャリティーバザーで買ったものです。袖はお嬢さん丈で少々長いんです。そしてこれまたインパクトのある黒繻子の刺繍帯もあわせて買いました。手先が邪魔してあんまり見えてないですが龍と獅子が描かれており、ちょっと日本昔話の漫画に出てきそうな愛らしいタッチです。胴回りにはなんとウンチが鎮座して匂いまで漂ってきそうなイラス...

和小物・バッグ

つまみ細工ストラップを帯留めに変身

着物チャリティバザーで売られていたつまみ細工ストラップちょっと大きめですが帯留めにしました。ストラップの金具を外し、モチーフを引っくり返して300円ぐらいの帯留め金具をボンドで貼り付ければ完成。雨降りな1日、ポリエステル着物の小紋に真っ白博多帯のコーディネートのアクセントとしてつまみ細工帯留め使ってみました。高い帯留め買わなくてもお気に入りの髪留めや携帯ストラップも帯留めに使えたりするので、身の回りの...

きものコーディネート

なぜかキュート!アンティーク白銘仙着物×黒アイテム コーディネート

大好きな白銘仙の着物には、ついつい赤のアイテムを使い華やかにしてしまう癖があるので、今日は黒のアイテムをセレクトしました。半衿は黒の縦縞、帯揚げも黒です。ただし帯揚げの黒は艶消し無地だと喪のアイテムになってしまうので、光沢ある綸子の柄入りにしました。帯締めは黒を持ってないので焦げ茶の三分紐。そこに黒ベースの薔薇が描かれた帯留めを通しコーディネート。クールに決めたつもりでだったけど、レース柄っぽい帯...

きものコーディネート

ブームは去った?それでもアンティーク着物が好き

アンティーク着物のブームは過ぎたと言うけれど、やっぱりの独特な色遣いが好きです。こないだまでNHKのオンデマンドで『純情きらり』を見ていたからか、無性に着たくなってしまい去年のフリマで買った着物探し出して袖を通しました。売主は頂きものだけどこの色合いは着こなせない!と。斬新な色、柄、まだまだ着れる状態の物が残っている事に感謝。ただ今回のコーディネートであわせたバラの帯が非常に短く、ポイント柄なので結...

きものコーディネート

真夏は涼しげな色合い 洗える絽の夏着物

7月に入り暑い毎日が続いてます。 着物好きでも昨今の暑さは耐え難い辛さ。 時代劇とか重ね着して涼しげな顔してるけど、ほんとに昔は今ほど暑く無かったんでしょうか?? 上手な着付けだと胸紐や腰紐が汗腺を押さえ、汗をかきにくくすると言われてます。 でもまだまだ下手なせいか普段よりは汗かかない気がするものの、やっぱり汗かくのが悩み。 その汗を吸い取ってくれるのが補正タオル、暑いんじゃない?って言われても...